2011年5月アーカイブ

 ESD21では、TPS/生産管理/EDI研究事業の一環として、「TPS/生産管理/EDIオープン・フォーラム」を
開催しました。(詳細案内はPDFを参照下さい:オープンフォーラム「生産管理とEDI」.pdf

講演内容は別途、PDFで公開予定です。

日本のすばらしいモノづくり力をさらに発展させていくためには、『生産管理』についても
十分研究し、その適用を効果的なものにしていく必要があります 


 今回のオープンフォーラムでは会長の黒岩さんから、トヨタにおける生産情報システムの発展経緯やかんばんEDIについて、法政大学の西岡先生からは情報の流れに着目したITカイゼンの具体的な事例と手法などについて講演いただきます。また、それらを基本として、参加者による『中小中堅の生産情報システム(IT化)』をテーマとした全体討議を予定しています。


 またESD21ではこのオープン・フォーラムに続いて、実際のテーマに絞っての研究会をスタートさせる予定です。このフォーラムや研究会を通じて、日本のモノづくり力の一層の強化に繋げたいとESD21では考えております。
製造業の皆様や製造業をサポートしている方々に、ぜひ参加していただきますようご案内致します。


~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~


1.主催: 一般社団法人「持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)」
2. 日時: 6月21日(火曜日) 13:20~17:00(13:00受付開始)
3. 会場: 名古屋国際会議場、展示室211  
   地下鉄名城線、「西高蔵」、地下鉄名港線「日比野」から,各徒歩5分
 http://www.nagoya-congress-center.jp/access/syuhen.html
4.プログラム: 
1)ESD21概要と生産管理とEDI について               13時20分~13時45分       
            和澤 功 (ESD21理事長、高度生産研究所)


2) 「トヨタの生産情報システムとかんばん方式の進化」       13時45 分~14時45分       
           黒岩 惠 (ESD21会長、APSOM理事長、九工大客員教授)
  <講演概要> トヨタの生産システムのIT化を議論する時に、リーン方式として、世界のモノ
づくりのデファクトと言われるトヨタ生産方式(TPS)を抜きしては語れない。 トヨタでTPS×IT化を推進してきた立場で、生産情報システムの発展経緯と動向を述べる。併せて、開発支援してきた「小島プレスのかんばんEDI」の自動車部品メーカへの展開について概説する。


3) 休憩                                   14時45分~15時00分 

 
4) 「モノづくりの現場がITを支える ~ITカイゼンによる次世代の情報技術~」
                                           15時00分~16時00分 
                西岡 靖之 様 (法政大学教授、APSOM副理事長)
 <講演概要>情報技術は、活動に流れを作るための技術であり、モノづくりと共通する部分が多い。しかし、業務の現場がもっている改善のノウハウは、現在主流のITとは極めて相性が悪い。情報の流れに着目したITカイゼンの具体的な事例と手法を説明するとともに、既存のITパッケージを効果的に連動させるための標準化技術についても述べる。


5) 全体討議: 中小中堅の生産情報システム(IT化)        16時00分~17時00分 

 
5. 参加費: 無料 (140人)、 法人会員(3名まで可)、個人会員を優先ご案内
 

6. 懇親会: 17:30~19:30   参加希望者のみ
(於)カフェテリア「カスケード」(国際会議場内)  会費 5000円 (60名程度)


7. 参加お申込み: 参加ご希望者(法人は3名まで参加できます)は、

===================== 
①所属名:
②氏名:
③E-Mailアドレス:
④懇親会:   ・参加    ・不参加 
⑤会員の有無:  ・個人会員  ・法人会員   ・非会員 

======================
をご記入頂き、下記までメールでお申込み下さい。
     宛) ESD21TPS/生産管理/EDI担当 和澤 : isao.wazawa@esd21.jp 

ESD21は5月28日に東桜会館において「雑学大学」を開講し、第1回を下記の通り開催しました。講演内容はPDFで見ることが出来ます。

P1010048.jpg

 
 この雑学大学を通じて、東海地区中心に「この分野にはこの人あり」を発掘しながら、芸術、文化、歴史、旅行、趣味、医療などの分野、加えて経済社会、技術など「なんでもあり」のテーマで講演会を予定しております。好奇心旺盛な老若男女を対象にお互いに学び合う場を提供し、会員および関係の皆様のQOLに貢献したいと考えております。
 
 今年度は2回目、3回目の開催を企画しておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

                            ~~~~~~~~  記  ~~~~~~~~ 
1.日時:   5月28日(土)13:30~17:00
2.場所:   東桜会館 第二研修室
3.プログラム:

  【開学式】『ESD21紹介、学長任命など』      ※講演内容(PDF)=  雑学大学ESD紹介.pdf
                                                ESD21会長       黒岩 惠
            
                                                             学長、副学長を任命する黒岩会長
P1010052.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                          
 学長=ESD21理事 森島巌                              副学長=ESD21理事 加藤 奈穂子
P1010053.jpgP1010059.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【講演1】『知多新四国霊場巡りに持続可能の仕組みを見る』    ※講演内容(PDF)= 知多新四国霊場巡り.pdf
                          ESD21理事       舘内三郎
P1010062.jpg

  【講演2】『ドイツの超高齢化社会をみて、未来へ心がけること』 ※講演内容(PDF)=ドイツ超高齢化社会を見て.pptx
                                                        ESD21理事(顧問) 鈴木明夫
P1010067.jpg
  【講演3】『明治政府の戦略マップ』
                     維新政府の政策をBSC戦略マップを使って読み解く、更に~       ※講演内容(PDF)= 明治新政府の戦略マップ.pdf
                                                         ESD21専務理事  池山昭夫
P1010076.jpg
 【討議】『ワールドカッフェによる討議』 
         どんな雑学大学にしたいか 
P1010079.jpgP1010100.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
※抽選会での記念品の1つ(ミャンマーの翡翠のブレスレット)
P1010083.jpg
 
 
P1010110.jpg
4.懇親会:17:30~20:00
    場所:「名古屋第二富士ホテル」  
 
  ESD21では5月24日(火)に、東桜会館(名古屋市)にて、TPS/アジャイル開発法の
研究と普及活動の一環として「TPS/アジャイル研究 オープンフォーラム」を熱心な
皆様の多くの参加を得て、開催しました。
各講師の講演内容は当ホームページで公開(PDF)しております。
  なお、ESD21ではこのオープンフォーラムに続いて、1回/月ペースの’研究会’
実際に演習にて’TPS/アジャイル開発法を習得する’2泊3日の合宿形式での
ワークショップ’も計画しております。皆様の積極的参加をお待ちしております。
 
オープンフォーラムの内容は以下の通りでした。
 
・日時: 5月24日(火)、13:30~17:00  
・会場: 東桜会館 
 
参加風景DSC_0030.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  『TPSとアジャイルについて』
                       ESD21・・・・・・・会長 黒岩 惠DSC_0026.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0062.jpg

 
 『実践!IT屋のトヨタ生産方式(グループ企業展開編)』
      (株)豊田マネージメント研究所・・・・・・副社長   高木 徹 様
            
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 『アジャイル×DDD×アーキテクチャ』
   グロースエクスパートナーズ(株)・・・・・・取締役   北條 育男 様DSC_0069.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 『ユニケージ開発手法』
   (有)ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所 
                   ・・・・・・・代表取締役所長 當仲 寛哲 様
           ※講演資料(PDF)=當仲講師(ユニケージ開発法).pdfDSC_0073.jpg  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17:30~20:00
懇親会風景DSC_0116.jpg

 

ESD21ご支援者の皆様

 

                       一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

                                                                    TPS/アジャイル研究会推進委員会

                                                                     委員長(ESD21理事) 小林一夫

 

 平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、日本のIT業界の体質改善やITシステムを経営効果(競争力強化)に役立つようにするためには、アメリカでの事例を見ても、旧来の

ウォーターフォール型のソフトウェア開発方法では限界と言われています。ESD21ではこの課題に対して、日本の誇るべきTPS(トヨタ生産

方式)の考え方を導入した『TPS/アジャイル型システム開発法』を推奨しております。

今回のフォーラムでは、

              ・顧客の要求に柔軟に対応でき、

              ・技術者の自律化を促し、

              ・経営者からもよく見える、

という“三方良し”の このシステム開発法について、実践的な適用事例としてご紹介いたします。

 ●ITシステム開発会社の幹部の皆様

 ●ユーザー企業のITシステム部門責任者の皆様

 ●中堅SE/中堅プログラマの皆様

 ●開発現場を支えている皆様

がこれをきっかけに、自部門でも試したくなるような“気づき”を得ていただければ幸いです。

 

                              ~~~  記  ~~~

1.日時: 5月24日(火)、13:30~17:00 (13:00受付開始)

2.会場: 東桜会館、第二研修室   TEL 052-973-2223

    http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/map/ac_hs.html

     東山線「新栄駅」①番出口、桜通線「高岳駅」③番出口より徒歩5分

3.参加費:            無料

4.参加お申込み:  <先着80名様、定員になり次第〆切>

              ①所属法人名、②氏名、③E-Mailアドレス、④懇親会 (5000円)  参加・不参加 をご記入頂き、下記までお申込み下さい。

              複数人お申込みの場合は、それぞれ②、③、④を明記願います。

┏■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃   このESD21オープンフォーラムのお申込み先は、

┃     小林 :   kazuo.dkobayashi@brother.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┛

 

5.プログラム:

  •  『TPSとアジャイルについて』    [13:30~13:40]                      ESD21・・・・・・・会長  黒岩 惠
  • 『実践!IT屋のトヨタ生産方式(グループ企業展開編)』     [13:40~14:40]

                                                                                           (株)豊田マネージメント研究所・・・・・・副社長   高木 徹 様

                                                HP⇒ http://www.toyota-management.com

       概要:トヨタの工場系におけるTPSと、ITの職場でのTPSの違い  は何かという本質的なお話から、本を出して以降の活動

           について、今回、新たに富士通子会社の改善から富士通グループ全体の  改善活動にどのように変わっていき、現状どのような

          活動になっているのかについてご紹介いたします。

                                                                                  <休憩10分>

  • 『アジャイル×DDD×アーキテクチャ』     [14:50~15:50]     グロースエクスパートナーズ(株)・・・・・・取締役  北條  育男 様

         概要:アジャイルのメタファ、DDD(ドメイン駆動開発)のユビキタス 言語、アーキテクチャ・ドリブンな開発の何れも、ユーザー側

             ドメイ  ンエキスパートと開発設計者のコミュニケーションギャップを低減す るために、ドメインモデル(業務内容や業務で

             使われる知識をモ デル図式化したもの)を如何に共有できるか。DDD周辺のJIGフレームワークの事例をご紹介いたします。

  • 『ユニケージ開発手法』                               [16:00~17:00] 

                                                              (有)ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所    ・・・ 代表取締役所長   當仲  寛哲 様

                                                                                       HP⇒ http://www.usp-lab.com/opinion.html

           概要:「ユニケージ」は、「システム導入効果」、すなわち経営(ステークホルダー)、社内(社員)、顧客の「三方良し」を生み出すこと

          に主眼を置いた開発手法です。UNIXの中核技術を追求して、 「簡潔であること、明快であること、楽しいこと」をコンセプトに発達 して

          きました。この日本発の手法は、従来の1/10程度の短いプ ログラムで、非常に移植性、柔軟性に富む情報システムを構築 でき、

           「良品計画」、「成城石井」など先進的な企業で内製化を 通じ、業務改革の道具として用いられてきました。 本講演では、

          このユニケージ開発手法について、具体的な事例  やデモを交え、その全体像を明らかにし、TPS/Agile の本質をご 覧頂きます。

 

6.懇親会: ご希望者はお申込みが必要です。(60名様にて〆切)

   [17:30~20:00]            場所:「AOI カフェ」 <会場より徒歩5分>       http://ggyao.usen.com/0004050313/

┏■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃   このESD21オープンフォーラムのお申込み先は、

┃     小林 :   kazuo.dkobayashi@brother.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┛

                                                                                                                                (以上)

 

 

 平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ESD21特別企画の最初の研究会として、会員の皆さんに連携事業「自動車問題研究会」のご案内をさせて頂きます。当研究会は、

1969年に名誉会長の下川浩一氏(元法政大学教授)が組織化。現在の会長は東京大学の藤本教授で、小職も東京本部の活動に

参加し、東海支部では過去、出講の機会も頂きました。ESD21の会員様には、月1回の定例会に参加(年会費要)頂きたく、5月末の

定例会に併せてご案内申し上げます。    (注)本研究会はESD21会員限定

 

  

         ~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~

1.主催: 自動車問題研究会東海支部(第267回定例会)  協賛:一般社団法人ESD21

2.日時: 2011年5月31日(火曜日) 19時~20時45分

3.場所: フォーイン2階 多目的ホール   (地下鉄東山線、一社駅下車徒歩8分)

        http://www.fourin.jp/corporate/company_location.html

4.会費: 5、6月の例会はトライ参加として無料。  (今回のみの参加はご遠慮下さい) 

           ・研究会入会参加(7月より年会費1万円) ・ESD21会員の研究会定員:10名

5.講演:

(1) テーマ: 「自動車産業におけるEV/HVの普及と経済環境変化への対応」(仮題)

(2) 講師:   一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)会長  

                         NPO法人APSOM理事長、九州工大大学院客員教授        黒岩 惠 

(3) 講演概要:

 地球環境対応での各社の次世代車(EV/HEV/ECV)へのアプローチを概説し、考察する。震災後、脱原子力発電など日本のエネルギー

政策は大きな転換を余儀なくされ、太陽光、風力、水力、バイオマスなどの脱炭素発電システムが 期待される。自動車産業の電動車への

転換とともに、多様な分散型発電システムを考慮したエネルギーのスマートグリッド方式が重要視されよう。ト ヨタおよび自動車産業で

IT化を長年リードしてきた立場から現状と動向を述べる。

6.参加申込み: ①所属、②氏名、③メールアドレスを、記入して下記に連絡下さい。

                                    黒岩((skuro@esd21.jp)       回答期限:5月25日

<黒岩惠のプロフィル>

九州大修士課程修了後、トヨタでロボット含む生産技術開発、工場建設、大規模制御情報システム開発、FA、TPSのIT化推進。2000年より、電子商取引推進協議会などでIT関連団体活動。定年退社後は、名工大(産学連携センター)と九工大の客員教授、NPO、講演活動を楽しむ。

 

<黒岩惠のプロフィル(追加)>

  トヨタ入社は、68年の修士課程の卒論テーマ「サイリスタ・インバータ/チョッパによる電気自動車の制御方式」が動機。 当時のトヨタは関心なく、配属は生産技術開発分野。70年代の第一次オイルショック時に、省エネルギーがメイン業務。エネルギー管理士/電気主任技術士の国家資格取得も、名前だけの工場エネルギー管理者。当時中電購入電力料の35%を使うエアコンプレッサ、低周波誘導炉の省エネ対策。マイコンによる電力デマンドコントローラ開発、コンプレッサ群の台数制御、スポット溶接機の群制御から、大規模な情報システムの開発。機械系の制御・情報処理から人間系のTPSのIT化に注力。

<関連講演・著作>

・「ソフトウェア開発の競争力向上」          ・ 「トヨタ生産方式と物流・サプライチェーン 」  

・「トヨタ方式における情報システム高度化」 経営情報学会、“情報システム発展史”

・「ものづくりの原点回帰」 MSTC2009年夏季号、巻頭言

 

 

<自動車問題研究会>

1.概要

自動車問題研究会は自動車産業に関与する個人によって構成される任意団体で、学習、研究、会員相互の親睦を目的とした組織として

1969年(昭和44年) に発足。研究会の名誉会長 下川 浩一(元法政大学教授)が発足し、現在、東京大学の藤本教授が会長。

東海支部は1984年(昭和59年)7月3日に誕生し、約80名の会員によって構成。東海支部は月一回定例会を開き、自動車を取り巻く

諸課題について講演会を行うことを基本的な活動としている。年に数回の懇親会や本部、関西支部との交流会を行い会員相互の親睦を

図っている。

2.過去の東海支部研究会テーマと講演者

・2010年11月 「“大国主義”の道を歩む中国といかに向き合うべきか」

                             自動車問題研究会 名誉会長 下川 浩一 氏

・2010年12月 「米国経済の回復状況と2011年米国自動車市場見通し」

                                                                シティグループ証券(株) 投資銀行本部マネジングディレクター 山本 昇 氏

・2011年1月 「R&Dコロケーションの効果と逆機能:日産自動車の事例研究」

                                                                横浜国立大学 経営学部 准教授 真鍋 誠司 氏

・2011年2月 「中国自動車産業の近況からみる日系メーカーの新興国市場戦略」

                                                                東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営センター特任助教・経済学博士 李 澤建 氏

・2011年3月 「中国社会の現状と中国人の自動車観」 

                            (株)小島衣料オーナー 京大東アジアセンター外部研究員

                              中小企業家同友会上海倶楽部   代表 小島 正憲 氏

・2011年4月 「タイ経済の好調とリスク、EcoCar計画本格稼働を前にした留意点」

                                 (一財)海外投融資情報財団 総務部 部長      大参(おおみ) 裕平 氏

                                                                                                                                       (以上)

 

ここ20年、経済が不況になれば、世界最強のモノづくりのデファクトであるトヨタ生産方式(TPS)が再認識される。トヨタショックと震災の

影響のため、過去ほど喧伝されることはないが、競争優位のビジネスモデルとしてTPSは不変である。一般社団法人ESD21は、TPSを

製造業だけでなく、非製造分野(流通業、ソフト開発などサービス業、自治体や大学)にも普及し、加えて有効なITを適用して、全ての

経済主体のイノベーションを支援する目的で設立した。今回は、「名古屋アジャイル勉強会」と共催で、ソフトウェア開発プロセスにおける

QCDの同時改善、競争力向上を狙い、「TPSの本質とソフト開発への適用」について、参加の皆さんと一緒に考えます。

 

       ~~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~~

  • テーマ: 『TPSの本質とソフトウェア開発への適用』講演+ワールドカフェの夕べ

2.主催: 名古屋アジャイル勉強会    共催: 一般社団法人ESD21

3.日時: 2011年5月27日(金)  19:00-21:00

4.場所:名古屋市女性会館 視聴覚室   参加定員 80名(先着順)

http://www.suisin.city.nagoya.jp/system/institution/index.cgi?action=inst_view&inst_key=1164952749     

地下鉄名城線「東別院」下車1番出口より東へ徒歩3分

5.プログラム: 

  • トヨタ生産方式(TPS)の本質とソフトウェア開発への適用            60分

                     ESD21会長(九工大客員教授)     黒岩 惠

                    (NPO法人「ものづくりAPS推進機構」理事長、トヨタ社友)

  • ワールドカッフェ「ソフトウェア開発の現場にTPSを取り入れ、その強みを活かすには」

6.参加費: 200円(会場費および用具代として)

7.懇親会: 終了後に懇親会を開催。参加費は現地徴収で3500円程度。(定員あり)

8.申し込み方法:    参加ご希望者は ①所属法人名、②氏名、③E-Maillアドレス、

             ④懇親会の参加の有無 をご記入頂き、メールでお申込み下さい。 

山口:mel@perfectio.design.co.jp   回答期限: 5月25日(水)

<黒岩惠のプロフィル>

九州大修士課程修了後、トヨタでロボット含む生産技術開発、工場建設、大規模制御情報システム開発、FA、TPSのIT化推進。

2000年より、電子商取引推進協議会などでITの諸団体活動に従事。定年退社後は客員教授(名工大産学連携センター、九工大)、

NPO活動に従事。

 

(終了)5月28日「雑学大学」開校のご案内

 

平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ESD21では東海地区中心に、「この分野にはこの人あり」を発掘しながら、芸術、文化、歴史、旅行、趣味、医療などの分野、加えて

経済社会、技術など「なんでもあり」のテーマで講演会を予定しております。好奇心旺盛な老若男女を対象にお互いに学び合う場を

提供し、会員および関係の皆様のQOLに貢献したいと思っております。今年は初年度のトライとして4回予定していますが、来年度

から月1回の休日開催を目指し、楽しく有意義な場に育てていければ幸いです。

 第一回目は雑学大学の開学式と理事3名からの発表、併せてワールドカッフェによる「雑学大学のありたい姿」についての討議を予定。  

是非、多くの方に参加頂きたくご案内申し上げます。

 

~~~~~~~~  記  ~~~~~~~~ 

 

1.日時:  5月28日(土曜日) 13時30分~17時    (13時から受付)

2.場所:  東桜会館 第二研修室(90名)              TEL 052-973-2223 

         http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/map/ac_hs.html

        東山線「新栄」駅1番出口、桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分

3.参加費:   無料。 定員90名。 会員優先に案内させて頂きます。 懇親会は5000円

4.プログラム:

(1)開学式: ESD21紹介、学長任命など   

                                                                        ESD21会長       黒岩惠    10分    

(2)講演1: 「知多新四国霊場巡りに持続可能の仕組みを見る」

                                         ESD21理事       舘内三郎  30分

(3)講演2:「ドイツと日本の超高齢化社会を見て、私の幸せな未来への心がけること」

                                         ESD21理事(顧問) 鈴木明夫  40分

              <休憩>        

(4)講演3:「明治政府の戦略マップ」   

    明治維新政府の政策をBSCの戦略マップを使って読み解く、さらに~

                                                                             ESD21専務理事   池山昭夫 60分

● 講演前後でワールドカッフェによる討議 「どんな雑学大学にしたいか」          

5.参加受付: 参加希望者は、①所属、②氏名、③メールアドレス、④懇親会の参加有無を

  記入し、加藤:kato@humanenergy.co.jp まで連絡下さい (5月23日〆切)

                                                    (以上)

このたび一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(略称ESD21)のホームページをリニューアル致しました。

今後ともホームページの充実に努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

 

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット