2011年12月アーカイブ

 本協会では広く最新のIT技術と社会の流れを会員の皆さま、ご支援者の皆様に知っていただき、持続可能なモノづくり・人づくりの参考として頂くために「ITトレンド・フォーラム」を企画していくことになりました。

 その第一弾として、平成23年11月21日(土) に第一回 ITトレンド・フォーラム 「インターネット崩壊の危機迫るか!!! IPv6と今後のネット社会への対応を考える」を開催しました。

 現在標準となっているインターネット情報交換規約「IPv4アドレス」の枯渇に伴う企業情報システムへの重大な懸念、そして新しい規約 「IPv6」と「IPv4」との共存・互換性など、多くの難題を抱える現状を中心として、今後のネット社会がどう変わっていくのか、それに企業としてどう 対応していかなけばならないのかをテーマに、専門家のお二人に講演頂き、パネルディスカッションでは会場を交えて熱い意見交換を行いました。

 なお当日参加いただいた皆様へは、当日の資料を後日配布させて頂きますので、いましばらくお待ちくださいませ。

  1. 日時 : 12月17日(土)15:00~18:30  (開場14:40)
     
  2. 会場 : 愛知県青年会館(伏見・堀川沿い)第10会議室
    http://www.aichi-seinenkaikan.or.jp/
     
  3. 参加対象者:ESD21会員、非会員を問いません。
    企業経営者、企業情報システム責任者、生産管理責任者、IT技術者、IT研究者、その他、話題に関心のある皆様。
     
  4. プログラム:
    15:00-15:05 黒岩 惠 (ESD21会長)あいさつ
    15:05-15:55 鈴木常彦 講演
          「インターネットとは何か:成り立ちと今後の展望とIPv6」
         <5分休憩>
    16:00-17:20 高野光弘氏講演
          「IPv6の影響範囲とIPv6で感じるジェネラリストの必要性」
        <10分休憩>
    17:30-18:30 パネルディスカッション
          「今後のネット社会にどう対応していけばよいか」
           (パネリスト)高野光弘氏、堀口幹友氏、鈴木常彦
     
  5. 講師

    高野光弘氏(たかのみつひろ)
      日本UNIXユーザ会理事 / グリー株式会社のインフラエンジニア
      専門は言語処理系およびソフトウェア工学だが、日々さまざまな技術
      に興味を持ち生活している。IPv6については残念ながら専門家ではな
      いが、ある日手を出してみたら専門家が提唱するお手軽さとのギャッ
      プに多く驚きを持った。

     堀口幹友氏(ほりぐちみきとも)
      有限会社キャンユー取締役社長
      PCソフト開発会社、米国コンピューターメーカー日本法人、PC周辺機
      器メーカーを経て、現職に至る。
      Linuxや Windows Serverを中心としたネットワーク構築などの研修カ
      リキュラム企画開発や講師を務める他、月刊ASCIITechnologies や
      月刊アスキードットPCなどに記事を執筆。

     鈴木常彦(すずきつねひこ)
       ESD21理事/中京大学情報理工学部准教授/(株)リフレクション取締役
      20年の歴史を持つ東海インターネット協議会を活動の中心として、
      その黎明期から地域インターネットワークづくりに関わってきた。
      最近はインターノットの悲惨な運用状況を調査し警鐘を鳴らす活動
      に取り組んでいる。
     
  6. 参加者  :約60名 
     
  7. 協賛:経営情報学会東海支部、情報処理学会東海支部、電子情報通信学会東海支部、東海インターネット協議会
    後援:東海情報通信懇談会

当日の様子

1. 開会

IMG_9757.JPG

2. 黒岩会長挨拶

IMG_9759.JPG

3. 鈴木常彦理事 講演「インターネットとは何か:成り立ちと今後の展望とIPv6」
IMG_9774.JPGIMG_9773.JPG

4. 高野光弘氏 講演「IPv6の影響範囲とIPv6で感じるジェネラリストの必要性」

IMG_9779.JPG

5. パネルディスカッション「今後のネット社会にどう対応していけばよいか」

IMG_9801.JPGIMG_9811.JPG


 

 

TEST(秋山)

TEST 秋山

メルマガ登録のお願い

 ESD21理事、推進委員の皆さんへの「新規メルマガ登録」のお願い

  日頃はESD21の事業活動へのご支援有難うございます。ESD21のイベントを企画する理事の皆さんに取って、多数の参加者が一番の励みになります。例え良い企画であれ、「お客様あってのなんぼ」ですから、参加者数の少ないイベントは、主催者側としては力不足で残念です。ESD21の各イベントでは、理事や推進委員および支援者ご自身の参加と、皆さんからの個別のお誘いが、一番の集客増につながります。ご理解、ご支援、よろしくお願い致します。

  ESD21のフォーラムやセミナーでは、講師の講演資料は講師許可の範囲で公開しますので、ESD21のサイトは有益な情報源になります。また、ESD21を理解頂き、自らのご判断で、WEBサイトから氏名とメールアドレス登録によりESD21のイベント案内や情報交換できる「ESD21コミュニティ」に参加も可能です。             

  多くの出版事業者などは、彼らのメルマガに5~60万人登録されており、これが最大のマーケティングの武器です。一方、非営利団体ESD21の持続可能性は、ESD21のメルマガ登録者が1万人をクリアできるか否かです。理事の皆さんや推進委員の皆さんはじめ、ESD21の支援者からも、まだESD21メルマガに登録されていないと思える方には、「ESD21のメルマガ登録でイベント案内される」旨の、ご本人様からの許可を頂き、お知り合いの方に替わって、「お名前」と「メールアドレス」の2点を登録頂きたく、お願い致します。

  なお、ご本人自身がESD21の活動を理解頂き、本人自身で登録頂くことがベストです。ESD21のトップページから「ESD21メルマガ登録」および、ESD21のMLによる双方向の情報交換できる「ESD21コミュニティ」に参加できますので、ぜひこちらもご案内頂ければ幸いです。                https://www.esd21.jp/netkaiin.html

 

  下記の欄に、ご本人に替わって、新規にメルマガに登録される方の名前とメールアドレスを登録頂きたく。メールアドレスの登録は、入力ミスを避けるため、登録される方からのメールのアドレスをコピー&ペーストして入力お願い致します。新たに メールアドレス(半角英数字)記入の場合は、記載ミスのない様、確認頂きたく、お願い致します。

[[aform016]]

 

<お詫び>   1月20日(金)の 「ミャンマーの最新事情報告会」と「新年会」は定員オーバーにつき、

申込みを締め切らせて頂きました。悪しからずご了承下さい。 なお、ミヤンマー報告会を2月3日(金)に

同じ会場で再度開催予定(詳細別途)です。参加希望される方は「2月3日参加希望」の予約申し込みを

事務局(下記の  山田健人)宛てにメールで連絡頂きたくお願い致します。

ご参考:ESD21「中部経済」2011年1月記事.pdf.pdf

 

    ASEANに残された最後の「製造拠点・消費地大国・魅惑の観光国」

       「ミャンマーの最新事情報告会」と「新年会」のご案内

         

                            (社) 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)    

                                                    会長  黒岩 惠 

 平素はESD21の活動に多大のご支援を賜りありがとうございます。

ミャンマーは新政権のもと着実に民主化が進み、クリントン、今月には玄葉外相が訪緬し、2014年のASEAN

議長国就任が決定され、今後、更なる「民主化の後押し」を世界各国が積極的に行うものと考えられます。

この様に発展するミャンマーにESD21会員による「視察・交流団」として 本年11月に大都市ヤンゴン市と

首都ネピドー市を訪問し、政府・民間関係者ともに交流ができその躍動し、好景気に沸く現況を体感しました。

 つきましては下記のとおり「ミャンマーの最新事情報告会」を開催し、ビジネス面ではチャンス到来のご報告と

今後の「ESD21」支援活動の考え方についてのご説明と皆様へのご協力のお願いと、同時に観光面での魅力

についてのご紹介もさせて頂きます。

報告会の後に、新年会も予定しておりますので万障お繰り合わせの上、ご参加頂きたくご案内申し上げます。

                                                                以上

                          記

   1.日時: 平成24年1月20日(金)14:00~17:30 ( 受付13:30 )

   2.場所: 東桜会館 集会室 TEL 052-973-2223

              http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/higashisakura/index.html

        東山線「新栄」駅1番出口、桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分

   3.参加費: 無料、 定員70名 (定員になり次第〆切らせて頂きます)

   4.プログラム:                                                    (司会) 山田事務局長

       1)ご挨拶と今回の視察・交流団長として総括             黒岩会長

       2)ミャンマーの最新事情とビジネスチャンスご報告    鈴木顧問

       3)ミャンマーの魅惑の観光事情                                  ミャンマーより来日

       4)ESD21の現地パートナー「SBSグループ」の概要  現地側:プラスD渋谷代表

                                            支援体制:鈴木顧問

       5)「視察・交流団」参加メンバーによる感想                 参加者各位

       6)質疑応答  

   5.新年会:      希望者のみ50名まで

           <会費>5000円 <時間>18時~20時  

           <会場>第二富士ホテル(東桜会館より徒歩3分)

    

   6.申込み先: 下記①~⑤をご記入の上、メールでご連絡願います。

                            <連絡先>          山田健人 tyamada@esd21.jp

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・「ミャンマー報告会&新年会」申込み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ①所属団体、②氏名、③E-Mailアドレス、④会員/非会員区分、⑤新年会参加・不参加

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット