2012年3月アーカイブ

                    一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

                                                        (ESD21 TPS/生産管理/EDI研究担当理事) 和澤 功


  「第2回ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会」のご案内
 
※4月5日に終了しました。

 日頃は、ESD21の活動にご協力をいただき誠にありがとうございます。

 ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会は、TPSを哲学にITをコスト削減の
単なる補助的手段ではなく、イノベーションの中核技術として位置づけ、
日本のものづくりの強さを、さらに世界の新たな産業システム時代に
脱皮発展させる知的生産基盤再構築を推進することを目的としています。
 研究会は1回/1,2ヶ月ペースで、会員の工場(モノづくりの現場)で開催して
います。
 
 第1回の小島プレス工業様での開催に次いで、第2回研究会をエイベックス
株式会社様にて下記の通り4月5日に開催します。

  研究会は研究会会員のみが参加できますが、ご希望も多いため
現在会員追加募集を行っております。ご希望企業は是非この機会に
ご加入下さい。(ESD21の会員は自由に入会できます)

            記

   第2回 ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会

1.日時:4月5日(木)14:00~17:00(13:30現地集合)

2.会場:エイベックス株式会社 多度工場
  ・ エイベックス株式会社
    http://www.avex-inc.co.jp/index.html
   ・ 多度工場
    http://www.avex-inc.co.jp/corp-fac.html
3.内容:
 ・研究会メンバー紹介(参加者自己紹介)
 ・エイベックス株式会社様の(会社、工場、製品)ご紹介 
 ・エイベックス株式会社様のシステムご紹介
 ・エイベックス株式会社様の工場見学
 ・質疑応答,意見アドバイス
 ・TPS/生産管理/EDIなどについて意見交換、など

 ※注:参加申し込み=締め切りました
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
宛)ESD21 TPS/生産管理/EDI研究 担当 和澤功  isao.wazawa@esd21
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2回 ESD21TPS/生産管理/EDI研究会に参加申し込みします。
・会社名:
・参加者①:氏名=       、職制=     、メールアドレス=
・参加者②:氏名=       、職制=     、メールアドレス=   
・当日の交通手段:  ・車   ・公共交通  ・最寄り駅で送迎希望
・ご意見、コメント: 
・研究会入会: ・既研究会員 ・新規入会希望 ・参加してみて入会を検討する  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


《 IT企業・IT部門のトップマネジメント・セミナー 》

「ソフト開発プロセス改革・TPS/リーン/アジャイル」を開催しました

                    

 ソフトウェア開発の抜本的な構造改革が言われて随分経過しますが、ユーザ、ベンダーともソフト開発プロセスの業務改革と、その根源にある情報サービス産業の構造改革のインセンティーブが働かないためになかなか進まない、と筆者は理解しております。情報サービス産業の多重階層構造の中で、多くのITベンダーが、グローバル競争、特に東アジア台頭の中で、競争優位の企業を堅持するために、自らの組織、企業を、どう改革していくかが問われます。

 ソフトウェア開発は、他業界のプロジェクトに比較して、失敗率は70%と高く、開発ソフトの40%以上は未使用でムダなソフトという調査結果が報告されております。これは何故なのか、ユーザ、ベンダーとも真剣に考えなければなりません。ソフト開発現場は、3Kどころか7Kと呼ばれ、その仕事に関わる人たちが疲弊していると言う。筆者らは2006年から名古屋地区で、リーン方式として世界で知られてるトヨタ方式(TPS=Toyota Production System)をソフト開発に、という意味で「TPSソフト研究会」を3年間主宰し、現在はESD21でその活動を再スタートしています。

 ソフト開発は、当然ながらソフトウェア工学の重要性をに立脚した技術的側面は重要ですが、それ以上に人間的側面、TPSが世界で認められた「人間性尊重」という側面です。現在、筆者は、アジャイルという名でソフトづくりTPSが日本に逆輸入し、日本の若い人達の努力で、やっと本物になってきた、と言います。ESD21では、ソフト開発プロセスの改革、業界構造の改革、それによる日本のソフト産業の競争力向上のために、TPS/リーン/・アジャイルをソフト開発プロセスの主流化(メインストリーム)に注力します。

今回、トップマネージャ対象に第一回のトップセミナーを開催しました。業務改革は、現在、アジャイル手法を勉強している若い人達では難しく、ユーザ自身が「TPS/リーン/アジャイル」の重要性を気づいてもらい、業務改革の旗振り役になってもらいたいと思っております。 トップセミナーは第一回のトライとして企画・開催しました。 第二回は秋に開催予定ですが、ESD21のTPS/アジャイル事業では、フォーラム、セミナー、研究会、ワークショップなどを企画しており、このトップセミナーは、トップマネージャー対象に、ユーザ・ベンダーのトップの啓発活動として、第二回を計画したいと思います。

                                                                                                            

1.日  時    :     3月16日(金)13:30~17:30  (受付13:00)

2.場  所    :     東桜会館 第二集会室 TEL 052-973-2223

 http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/higashisakura/index.html

4.参加対象 : トップマネジメント

          <情シス系、組込系におけるソフト開発現場の業務改革、QCD (品質、コスト、

           納期)改革に対する問題意識をお持ちの企業、ITベンダーのトップマネジメント>

5.プログラム講演風景と講演資料のダウンロード  

        (注)PDFのダウンロードは、ポインターを下線付き青色文字部にセットして、 「Ctrl 」クリックしてください。                                

 ご挨拶(ESD21法人概要と趣旨説明)                    13:30~13:45               ESD21会長 黒岩 惠

                           

P1080197.jpgのサムネール画像のサムネール画像 ● 講演1 

 「ソフト開発プロセスの改革とTPS/アジャイル」      

   13:45~15:10    ESD21会長 黒岩 惠

  講演資料は以下でダウンロードできます。

   ソフト開発のTPS-Agile,20120316.pdf

 

 

 

 

 

 

 

P1080202.jpg

 ● 講演2 「製造業に学び、越えたアジャイル開発                  」                   15:30~16:10  Bluewater Soft  山本康彦氏

   講演資料は以下でダウンロードできます。

  製造業を越えたアジャイル開発_20120316.pdf

 

 

 

 

 

 

 

 

P1080204.jpg

 ● 講演3 

ソフト開発プロセスのアジャイル実践者から          16:00~17:15      

 ・菅野修一氏(小島プレス工業)、

 ・柘植敏行氏(愛知製鋼)、

 ・野崎吉弘氏(アイティーイノベーション)、

 ・山海 一剛(オージス総研)

 に登壇頂き、ソフトウェアのアジャイル開発について

 語って頂きました。

 

 

 

 

P1080207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1080219.jpg

 

● 意見交換    

アジャイルソフト開発について、参加頂いた有識者から、アジャイルについての疑問、アジャイル開発のメリットなどに関する貴重な意見を頂きました。古畑様(デンソー技研センター)、近藤様、(第一コンピュータリソース)、 林様(アイティーイノベーション)、柴田様(日本アドバンスリーダズソフトウェア)他の、ご意見頂いた方には、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

6懇親会:   18:00 ~20:00   「 豆家のりのり 」 (費用:5千円)

 ESD21では常に「本音を語り合える場」として懇親会を設定しております。これまで同様、当日の登壇者(黒岩、山本、菅野、柘植、野崎、山海)とESD21のTPS/アジィアルのイベント(フォーラム、セミナー、研究会、ワークショップなど)に関係するESD21理事(小林、山田、山口)、ESD21事務局長の山田(健)、含めて参加希望者20名にて懇談会開催。 みなさん共々、ソフトのTPS/リーン/アジャイルについて、21時過ぎまで楽しく議論できました。 セミナーやフォーラムだけの参加はもったいない。ESD21のイベントの後に開催される懇親会は本会議以上の学びの場。今後とも参加頂き、多様性を楽しみながら勉強しましょう。

   アンケートお願いできれば幸いです。

   ↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓

[[aform018]]

 

       

 

《 IT企業・IT部門のトップマネジメント・セミナー 》

大きな変革の渦の中、あなたはIT現場をどう改革するか!

「ソフト開発プロセス改革・TPS/リーン/アジャイル」

平成24年2月20日

 一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21) 

TPS/アジャイル普及支援事業担当

ESD21理事長 和澤 功

                    

 平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 ソフトウェア開発は、他業界のプロジェクトに比較して、失敗率は70%と高く、開発ソフトの40%以上は未使用という調査結果が報告され、抜本的な業務改革が期待されております。 80年代初にトヨタのUS進出以来、トヨタ生産方式(TPS)は、USの研究者が命名したリーン方式の名で競争優位のビジネスモデルとして業種業態を超えて世界中に普及しつつあります。ソフト開発ではTPSの「人間性尊重」を基本とするモノづくりの思想や実践手法を取り入れた「アジャイル開発手法」が、今日本に逆輸入され普及しつつあります。

 自動車がフォード方式からトヨタ方式(TPS/リーン方式)に進化したように、ソフト開発がアジャイル方式に進化するのは歴史的必然といえます。 IT現場を統括されるトップマネジメントの皆様には、人間性尊重のTPS、トヨタ独自のモノづくりの思想哲学と、USで提唱されたリーン/アジャイル方式の考え方をご理解頂き、ご担当現場のソフト開発プロセスの抜本的改革と生産性向上に生かして頂きたく、下記の通りトップマネジメント・セミナーを企画致しました。

 ぜひ ご参加されますようご案内申し上げます。

                                                                                      以上

 

                                                                  記

                                                                                                                                       

1.日  時    :     3月16日(金)13:30~17:30  (受付13:00)

2.場  所    :     東桜会館 第二集会室 TEL 052-973-2223

 http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/higashisakura/index.html

3.参加費    :     無料、 定員90名

4.参加対象 : トップマネジメント

          <情シス系、組込系におけるソフト開発現場の業務改革、QCD (品質、コスト、

           納期)改革に対する問題意識をお持ちの企業、ITベンダーのトップマネジメント>

5.プログラム:                                          

 ご挨拶(ESD21法人概要と趣旨説明)               13:30~13:45            ESD21理事長 和澤功

● 講演1  「ソフト開発プロセスの改革とTPS/アジャイル」        13:45~15:10            ESD21会長 黒岩 惠

 

   < 休憩15:10~15:30 >

● 講演2 「製造業に学び、越えたアジャイル開発」          15:30~16:00        Bluewater Soft  山本康彦氏

● 講演3 ソフト開発プロセスのアジャイル実践者(数名)から 16:00~17:30                      

                菅野修一氏(小島プレス工業)、ほか数人のアジャイル開発実践体験から、ソフト開発プロセスにおける

                アジャイル方式のメリットや課題などについて熱く語って頂きます

6懇親会: (希望者のみ)     18:00 ~20:00              会場未定 (費用:5千円、領収書発行します)

                セミナー参加の皆さん、講師およびESD21関係者とともに、ソフト開発プロセス改革、

                TPS/アジャイルを、本音で語り合える懇親会を用意しております。ぜひ参加下さい。

7.参加申込み:   下欄のWEBによる参加申込みで登録頂くか、下記宛にメールで申込み下さい。

        ①氏名     ②所属組織     ③役職      ④メールアドレス      ⑤懇親会参加の有無、  をご記入頂き、

            下記までメールで申し込みください。(期限:3月5日)          

            <申込先> 山口陽平:youhei.yamaguchi@gmail.com

 

<講師略歴>

黒岩惠: 九州大学修士(電気・制御)卒後、トヨタでロボット含む生産技術開発、工場建設、大規模制御情報システム、FA/IT、

       トヨタ生産方式(TPS)のIT化推進。2000年よりトヨタのトップを補佐して国のIT化施策に関わる。トヨタ退社後、客員教授

       (名工大、九工大)、NPO活動。現在、一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21) 代表理事/会長、

       九州工業大学大学院客員教授。

 山本康彦氏: 1957年生まれ。ホンダR&Dにて自動車の設計に携わった後、プログラマーに転身。現在は独立して執筆活動

        などをしている。著作に「C#プログラミング すぐに現場で使える知識」(技術評論社から近刊予定の共著)がある。

 

[[aform014]]

ESD21の事業の柱であります『TPS/生産管理/EDI研究事業』の一環として、ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会

(※下記説明を参照下さい)がありますが,その第1回研究会が平成24年2月9日(木)に小島プレス工業株式会社様にて,

開催しました。

              記

           第1回 ESD21 TPS/生産管理/EDI 研究会 概要

1.日時:平成24年2月9日(木)14:00~17:00

2.会場:小島プレス工業株式会社様(本社=豊田市)

3.参加者:ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会 会員(13名)

4.研究会:(司会=和澤功TPS/生産管理/EDI研究事業推進委員長、理事長)

 ・黒岩会長挨拶

 ・研究会趣旨確認

 ・研究会メンバー紹介(参加者自己紹介)

 ・小島プレス工業株式会社様の(会社、工場、製品)ご紹介 

 ・小島プレス工業株式会社様のシステムご紹介(かんばんEDIなど)

 ・小島プレス工業株式会社様のショールーム見学

 ・質疑応答

 ・TPS/生産管理/EDIなどについて意見交換

 ・今後の研究会の進め方について

IMG_0040.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回 ESD21 TPS/生産管理/EDI 研究会風景(小島プレス工業様にて)

 

5.今後の活動について

 ・1回/2ヶ月程度のペースで、会員の工場を会場として(現地・現物の近くで)開催する。

   次回は4月または5月を予定

 ・また、TPS/生産管理/EDIをテーマとしたオープンフォーラムを2,3回/年ペースで開催する。

 ・希望者が多いので、TPS/生産管理/EDI研究会メンバーを追加募集する。

 

※参考:ESD21の考えるTPS/生産管理/EDIについて

 【ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会】は『TPSを基本として、ITを経営効果に直結できるようにイノベーションツールとして

活用した生産管理やEDIシステムを構築し、持続可能な競争力をつけていただくこと』を狙いとし、実践的な研究活動を行います。 

 

 【ESD21の考える『TPS/生産管理/EDI』の特徴】は下記の通りです

①.土台をTPSとすること

②.イノベーションの起爆剤(道具)としてのIT

③.但し、ITを軽視せず,戦略ツールとして捉える

④.経営者の意識改革や業務改革を前提としたシステム開発プロセス(手順)

⑤.量産開始以前の製品企画・開発段階からのサポート

⑥.TPSの理念をサポートする(後工程引き取り、見える化、、)

   ※かんばんEDIもこの道具の1つ

⑦.業務一貫サポート(全体最適を目指す)

⑧.リアルタイムな全社/グローバルな情報共有化

⑨.実需の変動にリアルタイムに連動

⑩.グローバルシステム対応  、など

  これらの内容についても、研究会活動を通じて,さらに深掘りし・会員企業で実践して

いきたいと考えています。

 

 ※ ESD21 TPS/生産管理/EDI研究会 会員 追加募集!!

  研究会員を追加募集します。条件はESD21(法人,個人)会員であることです。

  また、会場になる企業と競合先になる企業は、その時は参加できません。

  製造業の企業で,経営者・幹部・若手の方々の研鑽の場としても活用いただけます。

  ・申し込みは 下記までメールで申し込んで下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ・申し込み先:ESD21 TPS/生産管理/EDI研究事業 推進委員会 和澤功 宛

         メールアドレス:wazawa@esd21.jp

     ・氏名:                ・メールアドレス:

     ・会社名:               職制:

     ・会社の職種(取り扱い製品):

     ・研究会への希望・意見:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット