2013年1月アーカイブ

 

発表資料はESD21M研メンバー限定のページに掲載(ID/PW要)

ESD21第2回ミャンマー調査研究会開催のご案内

 

頃はESD21の運営にご支援頂きありがとうございます。

ESD21のミャンマー調査研究会(「ESD21M研」)では昨年10月の「ミャンマーオープンフォーラム(会員・非会員)に続き、今般、「第2回ミャンマー研究会(「ESD21M研」参加会員限定)」で会員各社のミャンマー事業活動の発表表会を開催いたします。

既に申込締切は完了しておりますが折角の機会でございますので、「ESD21M研」に参加頂いていない非会員の方で、ミャンマー進出にご興味をお持ちの皆様にも10名の追加お申込みを先着順にお受けしたく下記ご案内申し上げます。

               記

1.日時:平成25年1月31日(木)  14:00~17:00 

2.場所: JICA中部 セミナールームA-1/2/3

      http://www.jica.go.jp/chubu/

3.追加定員: 研究会 10名  新年会(懇親会)5名、 注:「ESD21M研」参加会員とビジター、約50名参加申し込み済

1)14:00~14:20 「第4回ESD21ミャンマー交流概要と進出ヒント」

                 発表者:ESD21顧問・理事 鈴木明夫

2)14:20~14:40  「ミャンマー最新事情と今後の自社のビジネス展開」

                 発表者:(有)トレンデイー名古屋代表取締役 タン オン様

3)14:40~15:10  「TPS指導を通じて感じたミャンマーでのモノづくり・人づくりのヒント(指導先:ヤンゴン重機輸入販売会社)」

                 発表者:ESD21会長 黒岩惠

4)15:10~15:30  「ミャンマーICT事情の印象とNTTグループの進出状況」

                 発表者:シーキュ-ブ(株)取締役NTT営業本部長 田中和一様 

5) 15:30~15:45  休憩

6) 15:45~16:15  「SBS技能実習生派遣トレーニングスキームの現況」

                 発表者:SBSホールデイングス(株)代表取締役 渋谷修二様

7)16:15~17:00質疑応答&「ESD21M研」平成25年度の活動方針について

  (オープンフォーラム、研究会、フェースブックによる情報交流他)

5.新年会 ,JICA1階 レストラン(着席ビュフェスタイル)

  費用:3千円/人  17:30~20:00

6.お申込み先:最終締切り1月18日(金)

                        メールアドレス:suzuki.akio@blue.plala.or.jp  鈴木明夫宛て

以上 

 

以下、研究会とESD21M研の新年会の写真掲載 (一部、Facebookの写真より)

図1aaaaa.jpg

 

 

   テーマ:モノづくり I T の最新動向(その1)

 ITマネジメント塾はITマネジメント支援事業の中心的な活動で来年1月度は「モノづくりIT(CAD/CAM/PDM)の最新動向」と題してベ ンダの方をお招きし、最新の技術動向をご説明いただくとともに、「製品開発現場のITに求められるものは何か」をフリーに討議する場にもしたいと考えております。

 特に最近は競争激化の中、どの企業も製品開発のリードタイム短縮、多品種化への対応、頻発する仕様変更の追随などが、生き残りのカギとなってきています。今回の例会では、このような問題認識のもと、トータルなサプライチェーンとしてどのように対応していくべきか、をCAD、CAM、PDMといった分野の最新技術動向を通して考えて行きたいと思っています。ESD21の会員の皆さんで、特に製品開発・設計に関わっておられる方は是非ご参加ください。

※ ITM塾はセミナー、フォーラムとは違い、現場の実務者による現場レベルの実践研究の場ですので、その旨ご理解の上ご参加ください。

~~~~~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.  主催: ESD21 ITMマネジメント支援事業 ITM研究会(塾)

2.  日時: 1月31日(木曜日) 16:00~19:00

3.  会場: ネットアーツ会議室 金山  金山駅から1分  http://www.netartz.com/access/ 

4.内容: 

 「モノづくりIT(CAD/CAM/PDM)の最新動向 第1回」

  (1)エンタープライズPDMを使った製品情報管理の実現 ……アイコクアルファ様

    PDMシステムの導入を成功させるにはソフトウエアの側面だけでなく、それを提供するビジネスモデル面での障壁

    を取り除くことが必要です。PDMを使うことで実現する、次世代型エンジニアリング支援システム導入のポイントや  

    数々のソリューションの紹介。またCATIAを利用したデータ管理・設計業務のシナリオで商品の紹介デモをご覧い

    ただきます。

  (2) マルチCAD環境対応におけるデータ変換とPDM ……アイコクアルファ様

    顧客との仕様決め、設計業務、生産準備など、製品開発・製造の中のそれぞれの工程において使われるデータ

    や求められる情報は異なります。一方データ変換にはさまざまな問題が生じます。そのソリューションとしてマル

    チCAD対応、データ変換サーバー技術の組み合わせによる実例を、デモを交えてご紹介いたします。

  (3) 自由討議 ……参加者全員

 

5.定員(20名)……定員になり次第締め切ります


6.今月の世話人: 山海 一剛

7.申し込み (ESD21の会員および会員の紹介を受けた方に限ります)

    [[aform061]] 

8.お問い合わせ : ITM塾担当 池山まで:ikeyama@esd21.jp 

 

ESD21 『TPS/生産管理/EDI研究会』

平成25年1月18日(金)岐阜車体工業様本社工場の見学と講演のご報告

ESD21のTPS/生産管理/EDI研究会では、各企業様の工場現場で研究会を開催しております。

1月18日は ハイエースや救急車などの車両生産と自動車部品を製造している岐阜車体工業様の

本社工場にて,工場見学と研究会を開催しました。

(終了しました)

  ・テーマ:ESD21 TPS/生産管理/EDI 研究会

P1180004.jpg

 

 

 

 

当日の研究会風景

 

 

 

 

 

  ・日時:平成25年1月18日(金)13:30~16:00 

   (13:00集合=〒509-0145岐阜県各務原市鵜沼朝日町4-27 

             ジャパンテックシステム様岐阜営業所 ) 

     http://www.jtechsys.jp/company/access.html

    13:30~16:00

    ・岐阜車体工業様本社工場見学、・トヨタ生産方式&トヨタの情報系の紹介、・質疑

P1180001.jpg

 

 

 

 

ご説明いただいた講師の皆様

(左:(株)ジャパン・テック・システム 代表取締役 末次正治様

右:(株)ミック生産性研究所 取締役 小藤行治様)

 

 

 

P1180005.jpg

 

 

TPSとトヨタの情報システムについてご講演

((株)ジャパン・テック・システム 代表取締役 末次正治様)

 

 

 

 

 

 

 

  ・会場:岐阜車体工業様 http://www.gifubody.co.jp/

       本社工場  http://www.gifubody.co.jp/company/office.html

                             岐阜車体工業様生産車両

・参加資格: ESD21会員限定、研究会会員優先 (20名まで)

   ※ 参加希望者が多い時は研究会会員の方を優先し、お断りすることがありますのでよろしく御願いします。

 

・交通:電車=名鉄名古屋駅→<犬山線>→新鵜沼駅→<タクシー=10分、約1500円>→現地

       ※帰りは新鵜沼駅までマイクロバスでお送りいただけます。

     車=岐阜車体工業様 本社工場 近く=〒509-0145岐阜県各務原市鵜沼朝日町4-27

        「ジャパンテックシステム様岐阜営業所」まで直接おいで下さい。(※駐車場はあります)

・申し込み:終了しました。

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット