2013年9月アーカイブ

生産管理/EDI研究会フォーラム e-かんばん」の展開とIT

            標記フォーラムは終了しました。 一部発表資料をアップしておりますので、参照下さい

 

 今年度からトヨタ系企業にて検討されてきた部品業共通EDIが、EDIサービス提供会社によるサービス提供が始まり、「e-かんばん」が展開されることとなり、今後、中小中堅製造業のEC/IT化が促進されていきます。 

自動車部品共通EDI:http://www.toyotawg-edi.info/html/dl_top2.rhtml

 ESD21は、TPSとITを改善・改革の技術として、モノづくり・人づくりの支援を意図して設立しました。ESD21の生産管理/EDI研究会では、「e-かんばん」の適用で必須となるTPS基本の「新生産管理システム」を会員協働で体系化し、普及展開していきます。

 本フォーラムでは、「e-かんばん」開発に関わってきた皆さんに登壇頂き「e-かんばん」導入により期待される中小中堅製造業のIT化(生産管理システムほか)について、初めて情報共有の場をセットしました。ご関係の方にはぜひ参加頂きたくご案内致します。

                    ~~~~~  記  ~~~~~

●日時:9月23日(月)  13:30~17:00  受付は13:00より

●会場:ウインクあいち  11F ( 1101会議室 )

名古屋駅徒歩5分: http://www.winc-aichi.jp/access/

●プログラム: 話題提供と意見交換会 

dc092601.jpg

その1: テーマに関する話題提供 

<挨拶、開催趣旨と概要報告>          ESD21会長      黒岩惠

dc092605.jpg

トヨタでTPSのIT化推進。ECOMなど経産省関連団体の企業間電子商取引普及事業で推進支援してきた「e-かんばん」の展開とEC/IT化について紹介。     

                 発表資料:生産管理EDI研究会フォーラム資料(9月23日).pdf

<発表1>                小島プレス工業(株)   菅野修一 様

ICタグ付きリライト媒体によるかんばん方式の電送化の開発提案。経産省の支援により、自動車部品業共通EDI化への取り組みや「e-かんばん」の今後の展開とサプライチェーン情報連携の重要性を語る。

<発表2>                  ESD21理事         秋山剛

小島プレスの自動車部品業共通EDIの開発推進ITコーディネータ。「e-かんばん」導入によるメリット創出について語る。

発表資料:かんばんEDIメリット創出.pdf

<発表3>                 (株)グローバルワイズ(株)  稲野清治 様    

小島プレスの「e-かんばん」のソフト開発ベンダー。アジャイルソフト開発と「e-かんばん」の実装。「e-かんばん」導入による IT化展開を語る。

                         ~~~~~~~~~~~~    休憩   ~~~~~~~~~~~~

<発表4>                      ESD21理事長     和澤功      

ESD21の生産管理/EDI研究会のリーダとして、TPSを基本にした新生産管理システムの展望、現在取組中の例などで生産管理システム構想などを語る。

その2: 意見交換会 (写真はワールドカフェで意見交換していただいている風景です)

dc092603.jpg

dc092606.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワールドカッフェ方式などで、自動車部品業共通EDI化による「e-かんばん」展開と中小中堅製造業への生産管理システムなどEC/IT化について情報交換。

●懇親会:  

dc092607.jpg

dc092608.jpgdc092609.jpg

当日の出講者、参加交えて本音の議論ができる、と好評な意見交換の場です。

写真は懇親会でご挨拶いただいているf風景です。

●参加申込み: 終了

        メールアドレスは半角英数字で正確に入力後、登録受付のリターンメールを確認下さい。

[[aform093]]

 

APSOM/ESD21特別講演会・見学会

 

    特別講演会終了致しました。講師発表資料は(6)講演プログラムよりダウンロード下さい。

 

製造現場が中核となって付加価値の高いIT化を実現するため、さまざまな標準化やツール開発を推進しているNPO法人ものづくりAPS推進機構(APSOM)の初めての名古屋での講演会と見学会を開催させて頂きす。持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)様にご共催を頂き開催を実現することが出来ました。講演に関しましては、生産マネジメントとIT化にまつわるご講演を4講演、見学会に関しましては、産業技術記念館、三菱電機名古屋製作所の2箇所を見学致しますので、奮ってのご参加宜しく御願い致します。

「特別講演会」

(1)日程:9月19日(木)13:30~17:00

(2)場所:ウインクあいち 12階 1202号            名古屋駅徒歩5分: http://www.winc-aichi.jp/access/

(3)主催:NPO法人ものづくりAPS推進機構(APSOM): http://www.apsom.org/    共催:ESD21       

(4)定員:100名 (APSOMおよびESD21の会員優先です。)

(5)参加費: 無料(非会員の方も無料)

(6)講演プログラム

  〇特別講演1 「知識社会における人づくり~コーチング型教育の実践~」

                 特別講演1: http://bit.ly/16sypIq

             武蔵大学 経済大学 松島桂樹 教授

  〇特別講演2 「事業継続マネジメント(BCM)によるサプライチェーン・リスク・マネジメント(SCRM)のすすめ」

              特別講演2: 渡辺研司20130919.pdf

            名古屋工業大学大学院 社会工学専攻 渡辺研司 教授

  〇講演1    「ボトムアップ型の計画同期生産が日本を救う!」

                  講演1: 130919 西岡靖之.pdf

            法政大学 西岡靖之 教授

  〇講演2    「日本を代表するT社とM社の改善秘話」

                講演2: 130919竹内鉦造.pdf

            株式会社TSC 代表取締役社長 竹内鉦造 様

(7)懇親会:   講演会講師、参加者との意見交換の場です。参加ご希望の方は下記にて参加登録頂きたく。 

           会場: モダン和食「KABTO」 会費:4千円(領収書発行)  定員:60名

         講演会に参加ご希望の方は、メルアドを正確に入力頂き、オンライン登録の上、リターンメールを確認下さい。

「見学会」

(1)日程:9月20日(金)9:30~16:00

(2)場所: (午前)産業技術記念館【産業技術記念館】  (名鉄名古屋本線「栄生駅」から 徒歩3分)

    http://www.tcmit.org/access/           

        (午後)三菱電機名古屋製作所      (JR「大曾根駅」南口から 徒歩10分)

     http://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/network/randd/detail/#P000000018

(3)参加費:  無料(会員限定:産業技術記念館は入館料500円要) 

(4)参加申込み: 見学会のみの参加は原則受付ません。 下記に講演会を合せて申込み下さい。

<お問合せ>

             町田泰亮 / ものづくりAPS推進機構 事務局   TEL 03-3500-4891 / FAX 03-3500-4895

             E-mail:  machida*mstc.or.jp   (*を@に変更後メール下さい)

            東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門5森ビル 5階(〒105-0001)  

            一般財団法人 製造科学技術センター内     ■ ホームページ  http://www.apsom.org/

[[aform090]]

   (終了)『ITマネージメントフォーラム2013』を開催しました

     -IT化で失敗しないための注意点と成功のためのヒント-

                       一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

                                                         ITM推進委員会  委員長 池山 昭夫

 平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 ITマネジメント事業推進委員会では一昨年11月に、初めての試みとし「ITマネジメント・フォーラム 2011」~失敗に学ぶIT導入・再構築~ を開催しご好評をいただきました。

 本年もその第3弾として「ITマネージメント・フォーラム 2013」

 ~IT化で失敗しないための注意点と成功のためのヒント~ を開催いたしました。

 

1.日時: 9月3日(火)、13:20~17:20

2.場所: 東桜会館 第2会議室   TEL 052-973-2223

3.プログラム:

 【ご挨拶】                                     ESD21理事長(代表理事) 和澤 功

20130903講演1-1.jpg

 【講演1】 <13:25~14:15>

  タイトル: 「“残念なシステム”にしないためには」

講演内容:「残念なシステム」とは、一通り機能もあるし、不具合もない。しかし、何かが間違っているために結果的に利活用も成果も今一歩なシステム、言い換えれば「もったいないシステム」のことです。そして、このような「残念なシステム」がシステム利用者にITに対する不信を増長させ、経営者のIT投資を遠慮させています。本講演ではどうして「残念なシステム」になってしまったのか、自社のシステムを「残念に」しないためにどうすればいいのか、いくつかの失敗例を通して、企画から導入までの各ステップについて考察します。     講演資料:講演会配布資料(130903 森下氏).pdf

  講師:                    MINTS(ミンツ)    代表  森下 裕史 様 

 【講演2】 <14:15~15:05> 

20130903講演2-1.jpg

  タイトル: 「IT導入価値の見える化、成功へのハードル」

講演内容:多くの経営者から「IT導入は金がかかるだけで役に立っていない」という声が聞かれます。IT導入が正しく評価されず、失敗と位置づけられる理由の多くが、この一言に凝縮されています。また、このことを恐れてIT投資に踏み切れない企業も多いはずです。システム構想・要件定義において経営効果が明確にされていない、導入後の効果測定が実施されていないことが経営者からの「失敗評価」につながっているのではないでしょうか? IT導入による価値創出が投資コストを上回ることを立証することが成功に向けての重要な基準(ハードル)になります。本講演では、IT導入に際して経営における価値の見積り方や導入後の効果測定に関する手法とノウハウを具体的に紹介します。

   講師:       (株)コスモ コンサルティング  代表取締役 畠山 忠彦 様

  【講演3】 <15:15~16:05> 

20130903講演3-1.jpg

   タイトル: 「ものづくりにおけるIT活用戦略」~怠けているシステムは使いたおせ~

講演内容:難しいといわれる製造業のIT導入と活用。なぜ難しいのか、その原因と対処の方法、および元が取れるIT活用術について、エンタープライズ・アーキテクチャ、および現場カイゼンの視点から、ものづくり企業がとるべきIT戦略について説明します。

                    講演資料:講演会配布資料(130903 北村氏).pdf

   講師:   ピークコンサルティンググループ(株) 代表取締役  北村 友博 様

20130903パネル2.jpg

  【パネルディスカッション】<16:10~17:10>  

          (パネリスト)                   上記講演者 3名の方

          (司会)             ESD21理事(ITM事業担当) 池山 昭夫

20130903パネル1.jpg

           

  【ITM研究会紹介】 <17:10~17:20> 

                        ESD21理事(ITM事業担当) 池山 昭夫

 

 

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット