2013年11月アーカイブ

セミナーはESD21からの参加申込者150名、名城大学生100名に参加頂き、盛会裏に終了しました。

会場の風景の写真、発表資料も、講演者の欄にアップしております。

2013年10月7日

名城大学/(社)持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)共催

ASEANビジネス・イノベーションセミナー」開催のご案内

                   主催:名城大学アジア研究センター    共催:ESD21ミャンマー調査研究会

       後援:日本貿易振興機構(JETRO)名古屋貿易情報センター、国際協力機構(JICA)中部
 

   2015年ASEAN共同体の発足予定の実現を控え、不安定な近隣諸国との関係などから近年、日系企業のASEAN諸国への直接投資は増加し続けています。しかしながら模倣品の蔓延や商標の冒認登録、特許権の権利化遅延など知的財産権の脅威や、知財法整備の遅れによる様々な課題に直面しております。

  本セミナー第一部ではタイとミャンマーに拠点を持つフランス人専門家によるASEANの知的財産権の現状と対策、更に新規投資の関心の高いミャンマーでの知財の最新進展状況についても言及し、 第二部では、元商社マンがミャンマー民主化前後の5年間、 ミャンマーでの講演や視察企画活動を通じ、現地で見聞した知られざる実像をビジネスイノベーションとしての新販路と新市場開拓を検討されている企業への進出 ヒントとしてお伝えします。      ご関係の方々にはご参加頂きたくご案内申し上げます。     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~            記     ~~~~~~~~~~~~~~~

1.開催日時: 2013年11月20日(水)

2.場所: 名城大学天白キャンパス 「名城ホール」(地下鉄鶴舞線「塩釜口駅」下車)

                       http://www.meijo-u.ac.jp/about/campus/ten/

3.参加費用: 第一部と第二部は無料    (第一部のみ、第二部のみの参加も歓迎します)

4.定員: 200名

5.プログラム: (受付開始:12:00)              

総合司会&逐次要約通訳:  佐土井 有里(名城大学経済学部教授)

◆第一部: 13:10~15:20(定員:特に定めず)

   テーマ: 「知的財産権のASEANでの実態と強化策」                           講師: Mr. Fabrice Mattei

過去25年間の内、18年間東南アジアで知的財産権関係事業に従事。 現在はROUSE社のタイとミャンマー両国の責任者。国連世界知的所有権機関 (WIPO)コンサルタント及びタイや中国の大学客員教授ほか。

    〇15:00~15:20 パネル形式・質疑応答

        パネラー:   ・Mr. Fabrice Mattei

            講演スライド(抜粋): IP Presentation ASEAN Countries - FM.pdf

                        ・Mr. Moe Mynn Thu   ミャンマー弁護士、元ミャンマービール

                     ・守田 賢一様(弁理士) 日本弁理士会東海支部 東南アジア知財委員会委員長 

                                               爽亜国際特許事務所 所長/ SO-A International Patent Firm

   [休憩] 15:20~15:40 

 

◆第二部: 15:40~17:00(定員:特に定めず)

   テーマ: 「浮上するアジア最大の秘境(宝の山)“ミャンマー”の光と影」           講師: 鈴木 明夫

            講演スライド(抜粋): 11月セミナー資料(鈴木).pdf

豊田通商にて欧・米・豪・亜中心に約40年の海外ビジネス経験と国内外関連会社の経営に従事。分野は機械、車両、情報通信など。 通算12年間のドイツ事務所長、オーストラリア現法社長の海外勤務。  現在、一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)顧問・理事 (ミャンマー調査研究会代表幹事)

 

◆第三部: 17:30~19:30  懇親会 定員60名

 会費: 4千円/人(領収書発行)

 場所: 名城大学天白キャンパス タワー75、15階 「スカイクルーズ」

 

<会場風景>

a.png

Mr. Fabrice Mattei の講演 (500名収容のホール)

s.png

Matteiさん、守田弁理士、佐土井教授によるパネル形式の質疑
 
d.png
鈴木顧問(ESD21理事)の講演(学生は退出)
 
cccc.png
             懇親会場                    名城大学長挨拶                佐土井教授を囲んで
 
 You are invited to view Sadoi's photo album: 20131120 ASEAN Business Innovation at Meijo University
 
 
 
 

ご案内のセミナーは盛会裏に終了しました。参加の皆様には有難うございました。

90名以上の参加のお申込みあり、参加をお断りした方には、大変申し訳ありませんでした。

発表資料はプログラム中にアップ、講演会場写真は最後尾に添付しております。

 

「TPS/Agile組込みソフト開発セミナー」開催のご案内

                    

昨今、日本の屋台骨をささえる工業製品に求められる機能は複雑化して、そのライフサイクルは短くなり、それに伴って組込みソフトは益々複雑に、規模は膨大となり、開発効率の向上が必須となっています。ソフト開発への負担が増す中、アジャイル開発やXDDPなどのプロセス改善手法が提案され、開発文書(要求仕様書や設計書など)の役割も見直されています。

本フォーラムでは実際の現場で上記に取り組まれている方々にお話ししていただき、今後の組込みソフト開発へのヒントをお伝えいたします。 ご関係の方にご参加頂きますようご案内をお願い申し上げます。

参加申込みは、最下欄の「フォーラム参加登録」フォームに記入・確認後に転送下さい。

 

~~~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~

1.日 時: 11月12日(火)、13:20~16:50 <受付開始:13:00>

2.場 所: 「ウインクあいち」<13階、1303 (会議室は変更になりました)> http://www.winc-aichi.jp/access/

3.参加費: 会員、非会員(ビジター)とも無料   (定員:80名

4.プログラム:

【ご挨拶】<13:20~13:30>   ESD21会長 黒岩 恵

 

【講演Ⅰ】<13:30~14:30> 

タイトル:『組込みシステム開発へのアジャイルの適用!

概要: 車載機器の新規開発にインクリメンタル反復開発プロセスを適用して、不確実性リスクを早期に低減した事例を説明します。スクラムのフレームワークをベースとしつつも、プロダクトオーナーは置かずにソフト、ハード、制御の合議制とし、ソフトウェア、ハードウェア、制御仕様のコンカレント開発を可能にしました。なお、ソフトチームのリーダがスクラムマスターを兼任し、チケット駆動・テスト駆動により回帰テストの自動化を達成しました。、

講師: 株式会社デンソー 蛸島 昭之 様               (「テスト駆動開発による組込みプログラミング」監訳者)

                     関連資料 : http://www.juse.or.jp/sqip-sympo/2013/program/files/happyou_shiryou_B1-1.pdf

【講演Ⅱ】<14:40~15:40>

タイトル:『開発文書による組込みソフトウェア開発の見える化

概要: デミング博士が1950年に我が国に伝えた品質への考え方は、自動車産業をはじめとするモノづくりメーカーの工場を強靱にし、日本の高度成長を支えました。しかし、デミングの教えは、1980年代から始まった組込みシステムのソフトウェア開発には、残念ながらあまり活かされていません。本講演では,ソフト開発における開発文書(要求仕様書や設計書など)の重要性を再確認し、モノづくり会社におけるソフト開発を強靱化する見える化手法を提案します。            講師講演スライド:  ESD21(131112)名大、山本教授.pdf

講師: 名古屋大学 大学院 情報科学研究科特任教授 山本 雅基 様 (附属組込みシステム研究センター ディレクタ )

 

【講演Ⅲ】 <15:50~16:50>

タイトル:『組込みソフトウェアにおけるAgile開発~ 派生開発で実践するTPS

概要: ソフトウェア開発の大半は派生開発だと言われています。しかし、ほとんどの開発は新規開発を前提にした開発プロセスを採用しており、求められているQCDが達成できず、混乱している組織も少なくありません。本講演では、派生開発の難しさ、問題点について整理し、解決の糸口としてAgile開発を取り上げます。Agileのコンセプト、本質を整理し、実際に開発現場で実践していく上で必要な考え方、有効なソリューションを、XDDPの諸技術を事例にTPSの観点から提案します。

講師: 株式会社デンソー技研センター プロジェクトマネージャ 古畑 慶次 様

                                    (「デンソーにおける人づくり、価値づくり、物づくり~21世紀の新たな日本流ものづくり」共著者)

講師講演スライド: ESD21(131112)デンソー技研、古畑.pdf

~~~~~~~~ <終了後、参加希望者のみ懇親会場へ移動> ~~~~~~~~~~~~

5.懇親会: 17時30分から(会場別途、費用、4千円) 講師のお三方を囲んで参加者同士のご交流を深めて頂くことが                           できます。

  <講演風景>       

図3.png

      ESD21 黒岩惠                 株式会社デンソー 蛸島 昭之 様      名古屋大学 山本 雅基 様

 

20131112.png

                                   株式会社デンソー技研センター 古畑 慶次 様

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット