2015年3月アーカイブ

第5回 ITトレンド・フォーラム

 「トヨタの CAD の歴史を語る - トレンドを掴むには -

 

デザイナーのお二人の講演は、ESD21の多くの出講者と一味違って新鮮でした。講演資料ぜひチェック下さい。

 

主催: 一般社団法人「持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)」、中京大学 (共催)

協賛:   経営情報学会東海支部、情報処理学会東海支部、電子情報通信学会東海支部、東海インターネット協議会日本機械学会東海支部

 

 平成27年3月13日(金) に第5回 ITトレンド・フォーラム 「トヨタの CAD の歴史を語る - トレンドを掴むには -」を開催します。 ITトレンド・フォーラムでは従来、先端技術の話題を提供してきましたが、今回はトレンドをどう掴み、どのように社内で理解を得て導入し、そして育てていくかを、過去を振り返って学ぶイベントとしてみました。講師にはトヨタ自動車のデザイン部門へ CAD を導入し育てたお二人をお招きしてご講演を頂きます。この様な機会は二度とできない貴重なフォーラムです。奮ってご参加下さい。

参考資料(経営情報学会研究会掲載): トヨタ情報システム小史(経営情報学会2010).pdf

プログラム:

(1)  日時: 2015年3月13日(金) 14:00 - 17:30  (開場13:00)

(2)  会場: 中京大学八事学舎 センタービル2F ヤマテホール

  http://www.chukyo-u.ac.jp/information/facility/g1.html

(3 ) プログラム

    13:30     開場

    14:00 - 14:10    開会/ESD21からの挨拶    ESD21 黒岩 恵   資料⇒150313ESD紹介資料.pdf

    14:10 - 15:10     「トヨタの CAD 創成期を語る」(仮題)

       ●講師: 興膳生二郎氏 (注)講師略歴は最下欄             資料⇒講師の要望により非公開とさせていただきました。

           (元トヨタ自動車 / 中京大学工学部教授)                

    15:10 - 15:20    休憩

 

    15:20 - 16:20  「トヨタの CAD 発展期を語る」(仮題)

       ●講師: 木村 徹氏 (注)講師略歴は最下欄               資料⇒150313木村講演資料.pdf

       (元トヨタ自動車 / 川崎重工業(株)モーターサイクル&エンジンカンパニー チーフリエゾンオフィサ)

    16:20 - 16:30   休憩

    16:30 - 17:15   パネルディスカッション 「トレンドを掴むには」

    17:30 - 20:00   懇親会

 

(4)  定員: 180名   

(5)  フォーラム参加費:  無料

(6)  懇親会:  参加人数: 40名(先着順) 参加費: 4500円

          ESD21好評の講師、参加者の交流会です。是非、参加下さい。

          懇親会場: 「みやび家」(八事駅徒歩2分  http://www.hotpepper.jp/strJ000979786/

(7) 参加申込、問合せ:   

 参加ご希望の方は下記フォームに登録下さい。 お問い合わせは、登録フォームの「注記」に記載するか、

 メールで問い合わせ下さい。 鈴木:tss*reflection.co.jp (*を@に変更要)

 

<講演会場写真>

第5回ITトレンド.jpg

 

講師略歴:

興膳生二郎氏

1944年 福岡県生まれ(現在の北九州市で高校までを過ごす)
1963年 千葉大学工学部工業意匠科入学
1967年 同大学卒業 トヨタ自動車(株)へ入社, ボディ設計課に配属
1969年 デザイン部デザイン課へ異動
クラウン,コロナ,初代スターレット,初代ターセルなど多数の外形デザインに従事
1980年 デザイン造形用CAD システム(スタイルCAD)の開発本格化
翌年,カローラ系から実用化適用がスタート
*1986年:CADシステム開発により「日本機械学会賞・技術賞」を受賞
1991年 「トヨタ・シンボルマーク」を世界10 社競作により開発
1995年 商品企画部へ異動 ハリアー,ビッツシリーズなどの商品企画に従事

 

木村徹氏

1973年 トヨタ自動車工業株式会社入社。カリーナハードトップのオリジナルデザインをはじめ数多くのデザインを手がける。グッドデザイン賞など 受賞も多数。愛知万博のトヨタパビリオンで公開されi-unitのデザインもチームでまとめた。同社デザイン部長を経て、
1989年 名古屋市市長賞を又朝日ソーラーカーラリでは朝日人間工学賞を受賞 グッドデザイン賞受賞
1997年 ゴールデンマーカー賞受賞、日本カーオブザイヤー受賞、オートモビリアデザインアワード(イタリア)受賞
2005年 国立大学法人名古屋工業大学大学院 工学研究科 社会工学専攻 教授
2007年 社団法人 自動車技術会 功労賞
2012年 川崎重工業株式会社 モーターサイクル&エンジンカンパニー チーフ リエゾン オフィサ
グッドデザイン賞審査員、(社)自動車技術会デザイン部門委員会委員(自動車技術会フェローエンジニア)、日本デザイン学会評議 員、日本自動車殿堂審査員(特定非営利活動法人)、愛知県能力開発審議委員会委員長、中部経済産業局技術審査委員会委員長、豊田市景観基本計画策定有識者 会議委員、有限会社木村デザイン研究所デザイナー

 

 

3月12日MASPフォーラム(東京開催)のお知らせ

ESD21が後援する法人会員MASP様のフォーラムのお知らせです。

 < 東京開催(無料) >

  

 「ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国」
     国際競争が激しい中、競争力向上の大きな柱であるITシステム。
     しかしながら、そのソフトウエア開発は米国と比較して、日本のソフトウエア開発は
     外注依存が大きく、またそのソフトウエア産業は多重下請け構造になっていて
     競争力強化に十分貢献できず、大きな課題を抱えています。
     「ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国」の著者でもある谷島宣之氏を
      お迎えして、MASPフォーラムを開催します。

       ★ご案内詳細・参加お申込みはこちら★

   http://masp-assoc.org/modules/eguide/event.php?eid=27

 

  一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

                      理事長   和澤 功

                

 皆様にはいつもESD21をご支援をいただき誠に有難うございます。

法人会員のMASP様のフォーラムをESD21が後援します。

「ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国」の著者:谷島宣之様の

講演です。下記の通り東京にて開催されます、是非、ご参加下さい。

 

        ~~~~~~~ 記 ~~~~~~~

 

■主催:技術データ管理支援協会(MASP)

■後援:一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

 

■日時:3月12日(木)14:00~17:00(13:30受付開始)

■会場:神明いきいきプラザ(東京:JR浜松町駅から徒歩8分)

http://www.toratopia.com/s_map.html

■内容:

1.講演=ソフトウエア、それが問題だ ~ Software matters。

その本質・現状・課題・対策

講師:谷島宣之様(日経BPイノベーションICT研究所 研究員) 

  

2.意見交換会:

    ・パネリスト

      今井弘美氏(白河オリンパス)

      手島歩三氏(ビジネス情報システムアーキテクト)

      南波幸雄氏(前産業技術大学院大学教授)

      谷島宣之氏(日経BPイノベーションICT研究所)

 

■参加費:無料(どなたでも参加できます)

■懇親会:フォーラム終了後、講師も交えて意見交換会(懇親会)を開催します。
         是非ご参加下さい。(希望者のみ、4,000円/人)

 

■ご案内詳細・参加お申込みはこちら

http://masp-assoc.org/modules/eguide/event.php?eid=27

 

ESD21 ビジネスフォーラム#3のお知らせ

元気な若手経営者3名に講演いただきます。

(※好評履に終了しました)=フォーラムの模様(写真)と講演資料を公開中です。

   平成27年2月25日(水)

 於:名古屋ダイヤビル2号館(241会議室)

 

  ESD21では会員だけでなく、一般の方々にもご参加いただける

オープンフォーラムとして、平成26年度“ビジネスフォーラム「革新」シリーズを開催しています。

 

  2月25日に開催の#3は”経営の革新”をテーマにして、「若手経営者に語っていただく」ということで、

日本の将来を引っ張っていってくれる新進気鋭の若手経営者三名の方より講演していただきます。

 

  講師は、「桃などの里山素材を自社加工し、おいしいお菓子作りをしている”桃の館”の高井社長」、

「高精度小物精密切削研削加工技術を活かして、自動車関連部品を製造している”エイベックス”の加藤社長」、

真鍮・青銅材を給材機付きCNC複合旋盤で、製品をワンストップで製造している”坂井製作所”の藤田取締役」

の三名の方々です。

 

  三社とも、優れた経営理念のもとでの経営を通して、業績を拡大しているすばらしい企業です。

元気な経営者からのお話や参加者の皆さんとの議論を通じて、さらなる発展への道筋を見つけることが

できたらと希望しています。

 

※終了しました。

   

              記

・日時:2月25日(水) 13:30~17:00 (13:00受付開始)

     (17:30~19:00 懇親会=希望者:会費5,000円)

・会場:名古屋ダイヤビル2号館4F (241会議室)

001.jpg

 

 

 

 

フォーラムの模様

3人の若き経営者の元気さを

強く感じました。

 

 

 

 

 

 

・講師:

      ①株式会社桃の館 代表取締役社長 高井栄治様

        参加者の方と同じ目線から、自社の経営について

 

桃の館ESD21ビジネスフォーラム講演資料 20150225 .pdf

003.jpg

 

 

 

 

講師の高井社長

 

 

 

 

 

 

 

      ②エイベックス株式会社 代表取締役社長 加藤丈典様 

        『市場創造と人材育成』

          高精度小物切削・研削加工を「極める」プロフェッショナル集団 

         ~「ものづくりの精神」を大切に育て、高品質と新技術で人を活かす企業として~

※資料公開中です。

ESD2120150224エイベックス会社概要.pdf

015.jpg

 

 

 

 

講師の加藤社長

 

 

 

 

 

 

 

       ③株式会社坂井製作所 取締役工場長 藤田 斉様

         『アナログ業界の下請け業が目指す未来』

        当社の歴史、環境分析、自社強み分析からの目指す未来、

        新たな業態への挑戦、我が社のような中小企業がとるべき人事戦略等

※公開資料です。

アナログ産業の下請け加工業が創る未来坂井製作所.pdf

020.jpg

 

 

 

 

講師の藤田取締役

 

 

 

 

 

 

 

 

・懇親会:フォーラム終了後、講師も交えた意見交換会です。

129.jpg

 

 

 

 

懇親会の模様

盛り上狩り、内容の濃い意見交換ができました

 

 

 

 

 

 

・申込み:先着70名

 

TPS/Agile組込システム セミナー

日本のモノづくりの強みをソフトウェア開発へ

 

主催:一般社団法人「持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)」

共催:一般社団法人「組込システム技術協会(JASA)」中部支部

協賛:車載組込みシステムフォーラム(ASIF)

  昨日は、100名以上の方から参加登録頂き、寒い1日でしたが懇親会とも盛会裏に終わることができました。 講師はじめ参会の皆様のご協力ご支援に感謝しております。昨日の講演資料を講演者の欄にアップしておりますので、クリックしてダウンロード下さい。また、講演会場風景の写真もアップしております。

 工業品出荷額でダントツ日本一の愛知県、その代表,自動車産業も東アジアの台頭や電動化とIT化による構造変化など、課題は山積しております。自動車産業の最近の話題は、自動運転や燃料電池車。これらの技術を実現する上で、組込みシステムの複雑さやソフトウェア開発量は、ますます増大の一途をたどっています。組込み系システムの開発プロセス改革によるQCDの向上は、最重要課題の一つと言えます。そのためのアプローチとして、トヨタ生産方式(TPS)を源流とするリーン方式や、ScrumなどのAgile開発、さらにはコンカレント開発などが適用されつつあります。リーン/アジャイル開発、コンカレント開発、フロントローデイング、摺り合わせなどの経験的かつ職人的アプローチで、まだ試行段階の域を脱しておりません。

 本セミナーでは、「日本のモノづくりの強みをソフトウェア開発へ」と題し、最新の動向を紹介いたします。今回の知見を皆様の開発現場にもぜひ適用頂きたく、奮ってご参加をおねがいします。

参考資料: 日本のモノづくりとTPS(黒岩寄稿文).pdf  TPSリーンとアジャイル方式(201405).pdf

 

●日時:  平成27年3月10日(火)   受付 13時     開演 13:15

●場所:  ウインクあいち 11階  会議室1102

       名古屋駅徒歩5分: http://www.winc-aichi.jp/access/

●参加資格、人数:  会員無料 (ESD21会員、JASA会員、ASIF会員)  (参加人数:100名)

              ビジターの方も参加無料。但し、ESD21/JASA会員と、新年度入会予定者を

              優先致します。参加可否の連絡は、3月1日に連絡させて頂きます。 

             3月1日現在、約20名の余席ありますので、ビジターの方も先着順で受け付けます。             

●プログラム

1.  13:15~13:30

                       ご挨拶   「ESD21の紹介とソフト開発のTPS/Lean/Agileについて」

                                                                                               ESD21 会長 黒岩 恵   資料⇒20150310黒岩発表資料.pdf

2.  13:30~14:30

              テーマ「日本のものづくりの強み・弱みと組込みソフトウェア開発」

       名古屋大学大学院j情報科学研究科情報システム学専攻 教授  高田 広章   資料⇒20150310高田講演資料.pdf

3.  14:30~14:45

             テーマ「機能安全が示す 摺り合わせ反復設計」

                                         アイシンコムクルーズ 技術統括部 技監 鈴村 延保   資料⇒20100310鈴村講演資料.pdf

休憩 15分

 

     4  15:00~15:45

             テーマ「日本型すり合わせ開発の国際標準化(採択決定!)」

                                   電気通信大学大学院情報システム研究科 助教  松野 裕  資料⇒20150310松野講演資料.pdf

     5. 15:45~16:15

          テーマ「騙されるな!Agile と Scrum の本質」

                       (株)Pastral Dog/(株) Odd-e Japan取締役社長

                                        Agile Coach & Certified Scrum Trainer (CST)      江端 一将  資料⇒20150310江端講演資料.pdf
     6.16:15~16:45

         テーマ「車載システム製品へのコンカレント開発の適用

                                               株式会社 デンソー 走行安全技術4部   林 健吾  資料⇒20150310林発表資料.pdf


<講演会場写真>

図2.jpg

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット