2016年10月アーカイブ

「アイディア創出Labo(研究会)」特別セミナーのご案内

あなたの未来を変える3時間

~アイディアソンでシニア再出発を考えてみよう~

ESD21特別企画事業G 担当理事 山田健人

「アイディア創出Labo」担当 石神勝博

IT業界を中心に話題を集め、2014年に入って一気に全国各地へ広がりを見せた共創型(Co-Creation)イベントで
ある「アイディアソン/ハッカソン」は、最近では、NTTドコモ、楽天、TBS、ローソンや、ヤフージャパン、リクルート、
セイコー
エプソンといった多くの企業や
、経済産業省や自治体(大阪市)などの公的機関による、商品開発や地域
活性化、まち
づくりなど多彩な領域での開催が相次いでおります。

ESD21では、「アイディアソン/ハッカソン」がモノづくり、人づくりの世界に大きな役割を与えるのではとの考えを
基に、
本年2月、数名の会員有志が集まり研究会発足のための準備を始め、この4月に特別企画事業グループの
一研究会
として正式に「アイディア創出Labo(研究会)」としてスタート致しました。

 今回の研究会特別セミナーは、アイディアソン・ハッカソンが社会、企業でどの様に実施されているか、多くの経験
お持ちの矢吹博和氏を講師に招いて、現場の事例とアイデアの事業化などをお聞きした上で、実際にミニ体験を
して
ご理解を深めて頂きます。

 ESD21としては、ご参加の皆さんに是非「アイディア創出Labo(研究会)」にご参加頂き、 ご一緒に活動頂くこと
望致しております。

ご興味、ご関心のある皆様には、ぜひ参加頂きますようご案内申し上げます。

~~~~~~~~  記  ~~~~~~~~

■日 時: 10月25日(火)13:00~17:45 (受付12:30)

■会 場: 名城大学ドーム前キャンパス西館2階

DW207レセプションホール

http://www.meijo-u.ac.jp/sp/90th/campus/nagoyadome/

■プログラム<13:00~17:45>

【ご挨拶】<13:00~>

【主旨説明】<13:10~>  「アイディア創出Labo」担当 石神勝博  

◆【特別講演】13:2014:1555)>

「新しい価値を創造するアイディアソン・ハッカソンのすすめ」

~事例紹介から事業化例まで大公開~

NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構

                  代表理事 矢吹博和 氏

 <講演概要>

富士通、富士ゼロックス、トヨタ、ダイキン工業、NTTドコモなど大手企業が、新規事業開発、新しい価値創造の
ための
手法として採用しているアイディアソン・ハッカソンの概要から運営までのポイントや、新規サービスが
生まれるまでの
プロセスを具体事例を交えてご紹介頂きます。

◆【話題提供】<14:15~14:30(15)>

「シニア再出発・応援団」

         ブラザーロジテック株式会社 取締役 吉田信人 氏

 <話題概要> 

大企業で勤めた人たちが定年後、中小企業のために何らかの貢献ができるためのスキルアップ、モチベーション
アップ
のプログラムなど、日本経済活性化のために貢献できる人材開拓とは。

          ~~~~ 休憩(20) ~~~~

◆【アイディアソン体験】<14:50~17:30(160)>

課題解決テーマ 「シニア再出発・応援団」

      メインファシリテーター 矢吹博和 氏

サポート    石神勝博      

 <アイディアソン概要>

  参加者全員がファシリテータの指導でアイディアソンを体験頂きます。

手順は、

  1. 自己紹介

  2. エクスカージョン

  3. スピードストーミング

  4. アイデアスケッチ

  5. ハイライト法

  6. トップ3を選ぶ

  7. 手持ちの全スケッチを貼る

  8. チーム形成

  9. チーム議論

  10. まとめて発表

    <PPT、模造紙、ビデオプレゼン、オズの魔法使い>

  11. 発表質問

 

【質 疑】<17:30~17:45>

   講師との総括質疑応答

【終 了】<17:45>

■定 員: 40名 (定員になり次第〆切)

■参加費: ESD21個人会員 無料

   ESD21法人会員(2名まで)   無料

   ESD21に入会して当研究会に参加希望者 無料

   ビジターでESD21会員・理事のご紹介者 無料

ビジター(非会員)     3,000円

■懇親交流会<18:00~19:30>

講師を交え、参加ご希望者との懇親・交流会です。ビジターご参加の方も奮ってご参加下さい。

・同大学内1階 MUガーデン

・参加費 : 3,500円 (領収書発行します)

■お問い合せ

石神勝博 : ishigami*ecocom.jp (*を@に変更)

<講師プロフィール>

矢吹 博和 氏(Hirokazu Yabuki)


株式会社ラーニングプロセス 代表取締役

NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構 代表理事

株式会社HackCamp 取締役副社長

福島県本宮市出身、立命館大学情報工学科卒(45歳)

イノベーションファシリテーター、ワークショップデザイナー、新規事業やサービス、社会課題解決などを見える化
や創造的
アプローチで合意形成に導く専門家。イノベーションファシリテーター育成に力を注ぐ。野村総合研究所、
千葉大学、倉敷市をはじめ全国でアイデア創出ワークショップ(アイディアソン)を企画運営している。

以上

[[aform184]]

ESD21 工場見学研究信州ツアー(終了しました)

(会員、入会予定者限定企画)

  工場見学研究会を『10月21日(金)~22日(土) 1泊2日』で信州にて開催します。長野県の豊信合成様の工場見学と幹部の皆さんとの意見交換を行います。(快晴に恵まれ、信州の秋を満喫しつつ、すばらしい豊信合成様の工場見学研究会でした。

  併せて、信州の秋(紅葉、果物狩り、蕎麦、銘酒など)を楽しみながら、温泉でゆっくりする企画です。ちょうど、"紅葉"が美しい時期で、信州の美味しい地酒も"ひやおろし"の旬です。蕎麦も"新そば"が出始めます。完熟の"果物狩り"も予定しています。研究会と共に楽しんで頂けると思います。是非ご参加下さい。

1.日程

①10月21日(金) 13:30現地集合

        午後: 豊信合成様工場見学/意見交換(長野県上伊那郡中川村)

②10月21日(金) 夜:豊信合成様を交えての懇親会(ホテルにて)

                 宿泊:温泉(駒ヶ根の早太郎温泉)

        ホテル:駒ヶ根高原リゾートリンクス

③10月22日(土) 午前1:駒ヶ岳ロープウエイ(駒ヶ岳千畳敷カールで紅葉を楽しむ)

         午前2:駒ヶ根市の農家にて果物狩り

④10月22日(土) 昼食(信州新そばなど)

        14:00ごろ現地解散

2.行程表

   1日目

 ・名古屋方面 → (中央道130Km、1.5H) → 松川IC  → (一般道、10分)→ 豊信合成 

  → (一般道10分) → 松川IC → (中央道20Km、20分) →駒ヶ根IC → (一般道、3分) 

  → 早太郎温泉(駒ヶ根高原リゾートリンクス)

2日目 

 ・早太郎温泉(駒ヶ根高原リゾートリンクス) → (バス・ロープウエイ、40分) → 駒ヶ岳千畳敷(紅葉) 

  → (バス・ロープウエイ、40分) → ホテル → (一般道、10分) →果物園(果物狩り) → (一般道、10分)

  → やまだや保翁(昼食)  → (一般道、3分) → 駒ヶ根IC  →  (中央道130Km 、1.5H) → 名古屋IC

3.参考

(1)豊信合成様:自動車部品メーカー【住所】長野県上伊那郡中川村片桐6487-15

  (中央道/松川インターより10分) http://www.avis.ne.jp/~housinco/

(2)早太郎温泉『駒ヶ根高原リゾートリンクス』【住所】〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂5番1086

   (中央道駒ヶ根ICより3分)  http://www.komagane-linx.co.jp/index.html

(3)駒ヶ岳千畳敷カールの紅葉 https://www.chuo-alps.com/

(4)果物狩り

 

 4.申込み(下記よりお申し込み下さい)

 [[aform186]]

第2回TPS/Lean研究会「TPS連続講座」

~海外でのTPSの普及展開と課題~

参加頂いた70名の皆様、3名の講師の皆様にはご苦労様でした。会場の写真と講師の講演資料をアップしていますので、ご参照頂ければ幸です。 

  ESD21のTPS/Lean研究会「TPS連続講座」は、TPS指導経験豊富な企業OB、学識経験者による経験談を交えた講演により「企業競争力向上とは何か」、「生産性向上のために何をすべきか」を学ぶ場です。この研究会の狙いは、TPSのHow-to研修ではなく、世界では「Lean方式」、ソフトウェア開発では「Agile方式」と命名された競争優位のビジネスモデルとしてのTPSの本質を学び、高度なICTというツールを適用した企業力、人財力の「改善と改革」の訴求です。今後はオープンフォーラムに加えて、参加メンバー事前登録制の少人数(Max30名)で「TPS/Lean研究会」をスタートします。研究会参加希望者は、予め黒岩: skuro*esd21.jp (*を@に変更) 宛にメールで連絡お願します。

 2016年8月20日 ESD21会長 黒岩惠

  ESD21のTPS/Lean研究会「TPS連続講座」では、TPS指導経験豊富な企業OB、学識経験者を講師として招聘して、各講師から、TPSの普及展開、企業競争力について自由なテーマで講演頂き、参加者との意見交換により、TPSの本質、組織の活性化、生産性向上、持続可能な日本のモノづくりについて、研究・実践の場として開講しています。

  TPSは世界中でLean(贅肉のない)方式の名で知られ、製造業を超えてあらゆる業種業態への「競争優位のビジネスモデル」として適用されています。TPSが確立されて約40年、ICT(情報通信技術)の技術革新など手段や方法論で、TPSは進化・深化していますが、原理原則は不変です。 IoT、ビッグデータ、AIなど劇的に革新するICTの利活用は、産業界に重要視されていますが、ESD21の主張は、「TPSとIT」による「改善と改革」であり、ICTの効果的効率的利活用の前提としての人財育成であり、改善力重視のTPSです。「TPS連続講座」の参加は、自社の競争力向上への絶好の機会として、業種業態を超え、特に経営トップの方の参加をお勧めします。

  今回は、まずESD21会員で海外での日本のモノづくり、TPSの普及に貢献された、お二人の鈴木様に出講頂きます。さらにトヨタのケンタッキー工場のトップとして、TPSという異文化を海外事業体に導入、定着、多くの課題をクリアされてきた雨澤様に出講して頂きます。海外展開に尽力されてきた3人の講師から多くの示唆を頂きますので、特に海外事業にご関係の皆様には、参加賜りたく、ご案内申し上げます。

講師のプロフィル、これまでの「TPS連続講座」講演資料は、参加登録フォームの後部に掲載。

=====================  記  ============================

●日時: 10月14日(金) 13時30分~17時15分   (受付13時)

●会場: 東桜会館 第2会議室

東山線「新栄町」駅、桜通線「高岳」駅より徒歩5分

    http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/map/higashisakura

●定員: 90名

●会費: 会員(法人会員は3名まで)と ESD21入会予定者、招待者無料、 非会員:5千円

●講演プログラム    

     挨拶、司会・進行:                         ESD21会長 黒岩 惠   ESD21紹介とTPS/Agileソフト

(1)講演1   (13時35分~14時05分)

     テーマ 「商社マンが学んだTPSの海外での実践流儀」

                                  ESD21顧問・理事  鈴木明夫  講演資料(鈴木明夫)

 <講演概要> 

  1. 国内外で学んだトヨタ式の歴史秘話 (GENCHI/GENBUTSU,KAIZEN)

    ・トヨタに参謀型の経営者などいない ・三現主義(現地・現物・現金)

  2.TPS/LEANの豪州での実践流儀   -豊通流新たな価値創造への挑戦と現地法人会社立上げ-

 

(2)  講演2  (14時10分~115時10分) 

      テーマ  「海外でのTPS導入エピソード」  TPSは世界へどのように伝わっているか?

                      (株)リーンランド研究所(ESD21会員) 鈴木雅文 氏  講演資料(鈴木雅文)

 

  <講演概要> 

  私の海外経験を通してTPSがどのように伝わっているか、私が遭遇したエピソードを中心に紹介するとともに日本人としてモノ造りの精神をどう伝えたらいいかを提案させていただきます。

 

         ~~~~~~~~~~~   休憩 (20分)~~~~~~~~~~~  

(3) 特別講演  (15時30分~17時00分)

      テーマ  「トヨタの海外戦略と現地事業体運営の歴史」  TPSは現地に素直に受け入れられたのか?

                                                     (株)九州モノづくり研究所 雨澤政材 氏          講演資料(雨澤)

  <講演概要> 

 1973年のOIL SHOCKに端を発した日米自動車摩擦が引き金となり、現地での需要対応のため現地生産が必要となった。どのような戦略でTPSという異文化を海外事業体に導入、定着しようとしたのかを振り返り、導入後に発生した多くの課題を乗越えて来た事例を通して、今後海外展開する企業の戦略に参考にしていただければと考える。

 

(4) 総合質疑  (17時00分~17時15分)

     3人の講師への総括質疑と名刺交換。 (各テーマの講演後、質疑時間予定)

 

●交流・懇親会

・費用: 5千円。 領収書発行します。会場は別途。 講師およびTPS指導者と参加者との交流の場です。 ビジターとして参加の方も、奮って参加下さい。

●参加申込、問合せ    

  参加申込は下記に登録下さい。お問い合わせはメールにて黒岩まで: skuro*esd21.jp (*を@に変更)

[[aform183]]

 <講師プロフィル>

●鈴木明夫 氏 プロフィル

1964年(昭和39年) 豊田通商(株)入社

国内勤務-機械部門、自動車部門、情報通信部門、新規事業開発部門

海外勤務- ①1972~77年 ドイツ事務所長 ②1993~99年 豪州現地法人会社社長

その間、2003年退任するまで世界経済激動の中、国内外での新規事業や関連会社経営に従事、その後7社の顧問に。2010年ESD21発足メンバーに参画し現在に至る。

 

●鈴木雅文 氏 プロフィル

1970年4月愛知県春日井市「東海精圧株式会社」に熱処理エンジニアとして入社。3年後、米国TRW Automotive社と合弁会社「東海TRW」として突然外資系自動車部品サプライヤーとなる。3工場の製造担当役員を経験後、生産、購買、品証部門担当常務を歴任し、1987年、米国TRW Inc.本社に移籍、TRWグローバル改善支援チームで世界の工場を指導。2000年TRWを退社、Delphi AutomotiveにLean Technical Advisorとして入社、2007年定年退社まで米国, カナダ、メキシコの16工場を改善指導する。 2007年日本に戻り「Lean Land Laboratory Co. Ltd」を設立、主に中国の外資系合弁会社の改善指導する。2014年マレーシアに「Lean Land Laboratory Sdn. Bhd.」を設立、Lean Management Integratorとして中堅、中小企業への日本式工場管理、会社経営を指導中。

 

●雨澤政材 氏 プロフィル

1964年  早稲田大学第一理工学部機械工学科卒業後、トヨタ自動車工業株式会社

(現トヨタ自動車株式会社)入社、元町工場検査部で品質管理業務に従事

1988年 トヨタ自動車株式会社 堤工場成形部 部長

1992年 トヨタ自動車株式会社 堤工場総組立部 部長

1995年 トヨタ自動車株式会社 堤工場工務部 部長

1997年 Toyota Motor Manufacturing Kentucky, Inc. EVP

1998年  同 President & CEO   2001年 同 Chairman

2002年トヨタ自動車九州株式会社 代表取締役副社長

2006年トヨタ自動車九州株式会社 特別顧問

2009年 株式会社九州モノづくり研究所設立 代表取締役就任

著書:「トヨタで学んだ工場運営」 -海外工場へはどのように展開したのか-  雨澤 政材 (著)  日刊工業新聞社14/10/29 

 

<過去のTPS連続講座の講演資料>                                                                                  

(1) 2016年7月29日  「競争力と生産性」: 資料(内川)  「ICT時代のTPS/Lean/Agile方式の基本と展開」: 資料(黒岩)

(2) 2016年3月17日  好川純一氏資料.pdf  藤井春雄氏講演資料(抜粋).pdf    

(3) 2015年11月26日  TPS導入の失敗事例から学ぶ(竹内鉦造氏).pdf   発表資料(川口恭則氏抜粋版).pdf   

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット