2018年3月アーカイブ

ESD21特別フォーラム「持続可能な技術を考える」

主催: 一般社団法人「持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)」

2017年度から活動を開始した「持続可能な IT 技術選択ポリシー研究会」の一年間の活動報告に加え、技術運用現場でのドキュメンテーションや「運用でカバー」の問題について長らく研究されている 波田野 裕一 氏をお迎えし、自動化と属人化の狭間で企業への技術導入や運用はどのように進めて行ったらよいかなどの持続可能な技術の導入と運用のあり方についてご講演を頂き、ご参加の皆様とディスカッションを行いたいと思います。日頃より技術の導入、運用に問題意識を持たれている皆さまのご参加をお待ち致しております。 (非会員も可)

(1) 日時: 2018年3月30日(金) 14:00 - 17:00 (開場13:30)

(2) 会場: 中京大学名古屋キャンパス1号館1F グループ学習室1

www.chukyo-u.ac.jp/information/facility/g1.html

(3 ) プログラム

13:30 開場

14:00 - 14:30 「持続可能な IT 技術選択ポリシー研究会」 活動報告

14:45 - 16:15 講演

演題: 「技術導入とその運用設計を考える - 過去と未来と」

講師: 波田野 裕一 (運用設計ラボ合同会社)

概要: 20世紀末頃からの急激な情報通信技術の発展は社会を大きく変革しつつあり、新たな技術やサービスの勃興は著しいものがあります。 しかし、技術やサービスの進歩に追われるあまり、論理的かつ複眼的な考察が抜け落ちたまま走り続けているということはないでしょうか。
これまでのIT技術は企業や社会をどれだけ効率化し、生産性をあげ、発展させたのでしょう。そしてどれだけ人々を幸せにし、また不幸にしたのでしょう。そして今後の新技術の効果はどのように評価されていくのでしょう。 このようなことを整理せずに先に進むことは、足場を固めずに砂の塔を立てることに等しいと考えられないでしょうか。
今回は、インターネットサービスにおける技術進歩を追い続ける運用エンジニアの視点から上記の整理をしつつ、AI技術の導入が進むなかで職人と呼ばれた人々の今後の役割がどうなっていくか、自動化と属人化の狭間で企業への技術導入や運用はどのように進めて行ったらよいか等、新技術の恩恵とリスクをどのように捉え、どのように持続可能なかたちでIT技術と関わっていくかについて考察していきます。

発表資料を公開していただきました。

16:15 - 16:45 ディスカッション

(4) 講師について: 

ADSLキャリア/ISPにてネットワーク運用管理、監視設計を担当後、ASPにてサーバ構築運用、ミドルウェア運用設計/障害監視設計に従事。システム障害はなぜ起こるのか? を起点に運用設計の在り方に疑問を抱き、2009年夏より有志と共同で運用研究を開始。2013年に独立して、運用設計ラボ合同会社を設立。運用改善支援、ドキュメンテーション支援および関連教育を行なっている。

日本MSP協会特別会員(MSPビジネス情報ワーキンググループ共同チェア)、Internet Weekプログラム委員、セキュリティLABOアドバイザー
AWSのユーザーコミュニティ「JAWS-UG」のCLI専門支部/アーキテクチャ専門支部の運営にも携わっている。

運用設計ラボ発表資料

(5) 定員: 40名

(6) 懇親会も予定しています。(締め切りました)

(7) 申し込み: (終了しました)

ESD21オープンフォーラム「ICTビジネス・イノベーションとソフトウェア」

~~~ 新しいICT時代のビジネス変革と働き方改革を考える ~~~

--

主催: 一般社団法人「持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

協賛: 組込システム技術協会(JASA)中部支部電子情報通信学会東海支部、東海インターネット協議会経営情報学会東海支部自動車問題研究会東海支部 CSPA中部部会情報処理学会東海支部

 標記オープンフォーラムは、多くの協賛団体様のご支援により、定員90名を超えてもキャンセル待ちの方10名強、参加登録の方のご協力により希望者全員に参加案内できました。ご協力ありがとうございました。ESD21は法人会員(70社)、個人会員(120名)で運営している民間団体ですので、ビジターの方にはご理解頂きたくお願いします。当日の会場および懇親会の写真(クリックにより拡大)と、公開講演資料はプログラムの講師欄にUPしておりますので、ご参照頂ければ幸いです。(文責:黒岩 3/26)

図2.png                    (写真はクリックで拡大)

2018216日 ESD21代表  黒岩惠

  世界の伝統的製造業へのICTのインパクトからドイツでIndusrty4.0が提唱され、日本でも2015年、RRI, IoT推進ラボ、IVIなどの団体でコンソーシアム活動が開始された。現在もSociety5.0の名で、IoT、ビッグデータ、AI、ロボティックスなど新しい分野でICTの取組みが、広く展開されている。20数年前の産業の高度情報化推進におけるWintelの時代から、モバイルやスマホの普及で新しい主役はGAFAになり社会経済全体の「デジタル・イノベーション」に向け、大企業から中小中堅まで変革への対応が迫られている。 (注)GAFA=Google, Apple, Facebook, Amazon

  ここ東海地区は自動車、航空機、鉄鋼、工作機産業が集積する世界一のものづくり地域である。自動車産業におけるイノベーションはCASEという言葉で語られ、産業構造が今後大きく変わろうとしている。CASE C (Connected)は、車もスマホと同じ「ネット端末」を意味し、A (Autonomous)は「自動運転」、S (Sharing)は、Uberで知られた自動車は所有から「共有」の時代、そしてE(Electric Vehicle)は「電気自動車」である。この4つのイノベーションはICTの技術革新の所産であり、自動車産業の今後の競争力は、材料や部品などの固有技術以上に、ICTのハードウェアとソフトウェアの技術に依存しつつある。

  ESD21は、持続可能な日本のモノづくりに「TPS(トヨタ生産方式)IT」、「改善と改革」による生産性向上、競争力向上を支援する団体として発足。今回のオープンフォーラムでは、新しいICT時代における産業構造、ビジネス構造の変化、自動車産業業の競争力に必須となるソフトウェアをテーマとして取り上げる。持続可能な日本のモノづくり、皆さまとご関係組織の競争力向上のヒントになれば幸いです。ご関心ある方には是非、参加頂きたくご案内申し上げます。

--

=====================    記     =====================

●日時:2018年3月23日(金) 13時30分~17時30分  (受付:13時00分)

●会場:東桜会館 第2会議室 地下鉄東山線「新栄町」又は、桜通線「高岳」より各徒歩5分    

     http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/map/higashisakura

●定員:90名(先着順になります)

●会費: ESD21会員・協賛団体・招待者は 無料。ビジター:3/1よりご招待 無料

●受講対象: 製造業、サービス業、ITサービス業のトップ、経営・管理者

--

●プログラム

主催者挨拶とESD21からのメッセージ                   ESD21代表  黒岩惠  資料(黒岩).pdf   13:30~14:00

基調講演  テーマ「デジタルがもたらすビジネスと市場の構造変革」                  14:00~14:50

                          株式会社インテック/大阪大学 中川郁夫 氏 資料(中川).pdf

概要 :IoT, BigData, AI, Robotics に代表されるデジタルテクノロジーの登場を機に、ビジネスのあり方が大きく変わろうとしている。デジタル時代の幕開けがビジネスや市場の構造をどのように変えるのか。市場を牽引する先進事例の分析から、デジタル変革の本質を考察する。

-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 休憩( 14:50~15:05) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-

講演1: テーマ「ソフトウェア開発のアジャイル手法を超えたビジネスのアジャイル」          15:05~15:35

                    株式会社アトラクタ(ESD21個人会員) 原田騎郎 氏  資料(原田).pdf

                                              

概要 :ソフトウェア開発においてアジャイルはほぼ標準の地位を占めるに至った。アジャイルの適用範囲は今やソフトウェアに留まらなくなりつつある。このセッションでは、アジャイル手法の広がりの現状について概説する。

-

講演2:自動車ボディ系システムにおけるプロダクトライン開発の導入と実践(仮)            15:35~16:05

             アイシン精機(株) ソフトウェア技術部 ソフト基盤開発G 浅野雅樹 氏  資料(浅野).pdf

概要 :自動車用の組み込みソフトウェア開発では、車種展開の開発工数が年々増大しており効率化が喫緊の課題であった。そこでプロダクトライン開発を導入し、ソフトウェア構造の見直し等を実施し、展開工数を大幅に削減した事例を紹介する。

-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 小休憩(16:05~16:10) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-

講演3:AIによる熟達者知見の活用 (金型量産立上における不具合推定の仕組み構築)           16:10~16:55

                        株式会社LIGHTz 事業企画部 堀越龍彦 氏  資料(堀越).pdf

概要 :ビッグデータ型とは異なる教師データ起点のAIによる熟達者知見の活用について、IoT金型とAIを組み合わせて金型量産立上における不具合を推定する仕組み構築の事例を取り上げつつ紹介する。

-

講演4:クラウドを導入してみて、本当のところはどうなのか?                     16:55~17:20

           ヤンマーエネルギーシステム(株)経営企画部(ESD21理事)  大坪啓二 氏  資料(大坪).pdf

概要: 近頃、頻繁に耳にする「クラウド」。なんとなく分かったような、雲のイメージが先行するモヤモヤ感があるクラウドを実際に使ってみて、本当に使えるのか? 今までのシステムと何が違うのかを解説する。

-

===============================================================

●懇親会: 講演者(ご招待)と参加者とのコミュニケーションの場です。ぜひ参加下さい。定員30名、会費5千円弱 会場未定

●お問合せ、参加申込み: 不明な点は下記にお問合せ下さい。ご参加は下記申込フォームに記入下さい。

  E-mail: skuro*esd21.jp (*を@に変更してメール下さい) 3月13日(火曜日)11時、定員となり申し込み締め切ります。参加登録の方は、キャンセル待ちになりますので、ご了承下さい。

[[aform216]

アイディア創出Labo(研究会)主催 

「アイディアソン体験セミナー」開催案内

                平成30年1月24日

アイディア創出Labo(研究会)

 IT業界を中心に話題を集め、2014年に入って一気に全国各地へ広がりを見せた共創型(Co-Creation)イベントである「アイディアソン/ハッカソン」は、ものづくりの世界に大きな役割を与えるのではとの考えを基に、昨年2月、ESD21の数名の会員有志が集まり研究会発足のための準備を始め、4月に「特別企画事業グループ」の一研究会として正式に「アイディア創出LABO(研究会)」をスタートさせました。

 当研究会では昨年10月、多くの経験をお持ちの「NPO法人アイディア創発コミュニティ推進機構」代表理事 矢吹博和氏を招いて、現場の事例とアイディアの事業化など多くのお話をお聞きし、参加者全員で「アイディアソン」の貴重な体験を致しました。

 今回は、アイシン精機株式会社殿のご協力を頂き、同社開発の「30年耐久素材ファインレボ」をテーマ素材として、新商品アイディアを創出するというプロセスを実体験することに致しました。

 セミナーの都合上、人数に制限がございますので、ご希望の方は早目の参加お申込みをお願い致します。

以上

            ~~~~~ 記 ~~~~~

■日 時 :2018年3月16日(金)PM1:00~6:00 (12:30より受付開始)

■場 所 :アイシン精機株式会社 本社 伝承館2F

      愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地 電話:0566-24-8441(代表)

      アクセスマップ:

      http://www.aisin.co.jp/pdf/jp_AisinSeiki_AccessMap.pdf

      (参加者の皆さんには、詳しいMapを事前にお送りします。)

      

■セミナー概要:  

  アイシン精機株式会社殿のご協力により、同社開発の「30年耐久素材ファインレボ」をテーマ素材として、これを活用した新商品のアイディアを創出するプロセスを体験いただきます。

 ※「ファインレボ」はアイシン精機株式会社の登録商標です。 

 ◎ESD21「アイディア創出Labo(研究会)」メンバーのファシリテートにより、優れた素材、要素技術を、多様な人たちの創発により、商品アイディアにつくりあげるイベントです。

 ◎これは体験セミナーですので、参加者の皆様には、このイベントから創出された知的財産的成果物は、アイシン精機株式会社に帰属することをご誓約いただきます。

■参加費  : 無料

■参加対象 : ESD21会員に限定 (個人会員または、法人会員に所属する社員)

■募集人員 : 25名 (先着順。定員になり次第募集〆切)

■お車でご来場の方

 お車で来場される方は、参加申込フォームにその旨をお書き下さい。

 当日は、ご案内マップの「駐車場C」をご利用ください。

 

■懇親会

 イベント終了後、PM6:30より刈谷駅前にて懇親会を開催する予定です。

 会費\4,000程度、当日集金いたします。

以上

[[aform213]]

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット