1. 概要

  学会、従来の財団/社団法人、NPO活動の良さを取入れ、持続可能な経済社会実現のための各種研究会(有償、無償)活動を推進します。TPSとIT両者のシナジ-を発揮することにより、コンサルテイングファームやシンクタンク同等なビジネススキームを併せ持った非営利活動を展開します。

 名称

一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(略称ESD21)

 代表者

会長:蛇川 忠暉  代表理事:黒岩 惠  <平成29年6月1日より>

 設立日

2010(平成22)年6月18日

 事業開始日

2010(平成22)年10月1日

 URL

https://www.esd21.jp/

 所在地

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3ー1ー26 本町牧野ビル3階C
有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所
                 名古屋センター内
電話&FAX 052-253-7950
MAP 

 

 2. ESD21のミッション

  当協会ESD21は、製造業・サービス業とその関連業界に、世界ではリーン方式の名で生産性向上の世界標準となっているトヨタ生産方式(TPS)と、イノベーションのテコである情報技術(IT)のシナジー効果により、企業競争力向上を支援しています。

  企業競争力の源泉は、人と組織の活性化による「改善と改革」です。 その基本としてのTPSであり、「改革の道具」としてのIT利活用です。 私たちは、さまざまな事業活動を通じ「三方よし」の理念実践による付加価値づくりで豊かな社会に貢献できる新しい協会を目指しています。

   

 3. ESD21の事業目的

  1.自動車中心の東海地区製造業に、情報化新時代(IT/CPS)への対応を広く訴求する。

  2.TPSを製造業のみならず、非製造業及び ITソフト開発分野など、サービス業への展開を支援する。

  3.TPSとITの活用ノウハウを共有し、会員の相互研鑽により、新製品・新事業の創出, 新市場支援(当面ミャンマー重点)など企業競争力の向上に寄与する。

  4.技術とマネジメント力に長けた企業OBによる、生涯現役、社会貢献、QOL向上を図り、会員相互のコラボレーションの場を提供し地域の活性化に寄与する。

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット