TPSは「お客様第一」を理念として2本の柱は「ジャスト・イン・タイム」と「自働化」です。ESD21の狙いはTPSという人間系にITをイノベーションのツールとして、「TPS×IT」、「改善と改革」による「企業競争力」向上を支援します。「顧客(会員)満足」のために、法人会員、個人会員、さらに、一般のお客様(会員外のビジター)に見える活動を行い、「三方よしの理念実践による」付加価値づくり、関係者のQOLを推進します。

 

<特別企画事業>

ESD21会員による「年次会員総会」、「会員例会」の計画運営。

◉企業トップ、OB、学識経験者によるESD21各テーマ事業に共通するテーマや、芸術/文化、社会/経済/科学などジャンルを問わない「特別講演会」や「特別企画事業」等の実施。

事業内容_20220608.png

 

<テーマ事業>

各研究会の活動により、TPSを応用した品質の向上、生産性の向上、納期の短縮などの業務改革を支援。

(2)DX関連事業(DX:デジタルトランスフォーメーション)

各研究会の活動により、デジタル化を活用した顧客提供価値の変革。

(1)と(2)の共通事業展開

上記の(1)TPS/Lean事業と(2)DX関連事業の各研究会の協力により、TPSを応用した品質の向上、生産性の向上、納期の短縮などの業務改革 及び デジタル化を活用した顧客提供価値の変革を支援。

(3)国際事業

海外の最新情報交換会や途上国向けモノづくり研修を行う。

 

 

トップへ戻る

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット