特別企画Webセミナー

「人生は神が与えてくれた一度だけの招待席」

~ 世の中の急激な変化に対する行動指針 ~

-

                   ESD21顧問・理事 鈴木明夫

日頃、皆様には、ESD21の活動にご支援頂きありがとうございます。

 昨今のコロナ渦で厳しい状況が続く中で先日のマスターズ優勝快挙は「頑張り続ければ苦難の先には必ず明るい世界が来る」という勇気のメッセージを日本中に届けてくれた松山選手をアマチュア時代から見守ってこられた日本ゴルフツアー機構元会長小泉 直氏を迎え同氏の各分野で培われたご体験を縦横無尽に語って頂きます。

 特に仕事が出来てもゴルフが上手くても社会人として不可欠な社会常識を持つための「教育やしつけ」についても示唆に富んだ奥深いお話はビジネス面や人材育成にもお役に立つものと思います。実際にお会いできないのは残念ですがいろいろなテーマを皆様とご一緒にうかがい、感じ、考える機会としてまいりたいと思いますのでぜひ万障お繰り合わせの上ご参加下さい。

       
                記

■日時:令和3年5月21日(金)15:00~16:30(接続受付開始14:40)
■場所:Zoom会議室(URLは申込者に3日前に メールでお知らせします
■定員:100名(申込先着順)参加費:無料
■プログラム:
 15:00~15:05 挨拶と進行    ESD21顧問・理事 鈴木明夫
 15:05~16:30 講演と質疑応答
        テーマ:「人生は神が与えてくれた一度だけの招待席」
■講演要旨:      
  ●第一章 仕事      
    ・情報に対する理性、感性、創造性
    ・世の中の変化への対応       
    ・攻撃のみでは負ける。守りのみでもダメ       
    ・思考停止となる知識 ・3つの論理の重要性      
  ●第二章 ゴルフ       
    ・ゴルファーの感動、感激、感謝の気持ち       
    ・世界のゴルフ界の急激な変化       
    ・日本人選手が海外で勝てないのは?今回の松山の勝因分析


■講師:日本ゴルフツアー機構(GTO男子プロ)元会長/現顧問 小泉 直 氏

   略歴:立教大学経済学部卒。立教高校時代は甲子園出場,大学ではゴルフ部副将、旧トヨタ自販(現トヨタ自動車)入社、宣伝、営業畑で培ってきた手腕を買われてのトヨタ関連会社(トヨタオートモールクリエイト社長、ベルフラワーカントリー倶楽部社長などを経てGTO会長に就任。現在はGTO顧問。

■お問い合わせ、参加申し込み: 下記の登録フォームで参加申込み下さい。
お問い合わせは 鈴木(asuzuki*esd21.jp← *を@に置き換えてからお送りください。

[[aform266]]

 特別企画Webセミナー

「今日のエネルギー問題と自動車の今後」

~ 主に石油供給の視点から ~

ESD21会員、およびビジター(ご支援者) 各位

                             ESD21代表理事 黒岩 惠

皆様にはいつもご支援をいただき誠に有難うございます。

  菅政権は2050年に脱炭素社会実現を世界に宣言し、2030年代半ばの新車販売は全て電動車との政府方針が示されました。日本の自動車産業は、世界の潮流である電動車=EVへの転換であり、日本の発電量30%強を占める石炭火力のフェードアウトと共に、再生エネルギーの開発と転換が喫緊の課題です。今日の主題である石油の枯渇問題は、コロナ禍の中であまり取り上げられませんが、国のエネルギー政策に関わる日本の経済社会の将来を左右する、技術的かつ政策的な難問です。以下、講演者の講演概要「まえがき」を引用します。貴重な機会ですので、できるだけ多くの方に参加頂きたくお願い申し上げます。

【まえがき】

ーーー  かつては地球上にはなかった石油エネルギーをわずか150年前に人類は地中から入手した。この「豊富で安価」なエネルギーを活用して人類は、石油の大量消費を続けて今までにない繁栄を享受してきた。現在の社会では、ほとんどのモノ、更には、ほとんどの仕組みまでもが石油に依存している。世界経済は石油エネルギーにより支えられているのである。ところが有限である石油資源を短期間で使い過ぎて、「豊富で安価」という石油の恩恵がすでになくなりかけている。それどころか、2020年初頭に発生したコロナ禍と不用意なサウジの原油増産は、既に予測されていた「石油供給危機」発生を早めることとなった。 ーーー

-

〇日時: 2021年5月11日(火)15:00~17:00 (接続受付開始14:40)
〇場所: Zoom会議室 (URL は参加者へメールでお知らせします)
〇定員: 100名(申込み登録先着順) 参加費:無料 (会員優先とさせていただきます)

■プログラム
 15:00~15:05 【開会挨拶】 
 15:05~17:00 【講演と質疑】 「今日のエネルギー問題と自動車の今後 ~主に石油供給の視点から~ 」        ーーー  (5分程度の休憩を含む)  ーーー                                                  

  ●講師: 中田 雅彦 氏

  ●講演概要:                講演概要資料⇒  「今日のエネルギー問題と自動車の今後」(中田).pdf

  〇はじめに

   ・今の世界は三つの限界に近づいている

   ・世界のエネルギー利用状況

  〇近づく 「石油/経済危機」 にどのように備えるか?

   1.石油供給の急減少 (IEAレポート2020.1: 2025年半減、2035年1/4、2050年ほぼゼロ)

   2.二つの「脱石油」要求

   3.石油供給不足問題の対策策

   4.石油が無くなる時代の技術開発

   5.今後の課題

-

  ●講師略歴:

  東京工業大学大学院修士課程(機械工学専攻)修了。トヨタ自動車(株)第3エンジン技術部部長などを歴任。定年退職後、 (株)テクノバ(トヨタクループ技術系シンクタンク)で自動車燃料やエネルギーに関する調査研究に従事。工学博士(東工大)

〇お問合せ、参加お申込み:

  下記の登録フォームで参加申込み下さい。お問い合わせは、堀田(hotta*esd21.jp)まで、メールでお願いします。
*を@に置き換えてからメールをお送りください。
 
     いつもご覧頂き有難う御座います。残念ながら満席となりましたので参加受付を中止致しました。

 

ESD21協賛:産官学連携「JIT経営本社力養成スクール」 キックオフ研修会ご案内 

-                    

 主催: (一社)SCCC・リアルタイム経営推進協議会 (略称 SCCC協議会)

     共催:名城大学経営学部 / 名城会計人会

  協賛: (一社)持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

NPO法人 ミライアンス

-

〇 開催日: 2021年4月23日(金) AM 10:00 -PM:15:00

〇 場所  : 本研修会はWeb講座(Zoom)による。(前々日までにURLお知らせ)

-

研修会ご案内(申込書)⇒ JIT経営キックオフ研修会パンフレット .docx

今回のキックオフ研修会の主題  

① 政府「骨太方針」の戦略KPI「サプラ イチェーン資金循環速度(SCCC)」を巡って。コロナ禍で悪化するSCCC、 特に中小企業資金繰りV字回復のカギを握る「トップ経営者と本社力、そしてサプライチェーン連携力とは何か」の概要説明。

② 特に、2023年に予定されているインボイス制度のB2B電子インプットの導入が困難な全国約380万社小規模企業の手作業の大幅負担増になりかねない状況に対し、「QRコード付き紙伝票」で、事務作業のオフィス生産性一挙改善法のご案内。

③ さらにその前提として、既に2016年に中小企業庁から示された「売上債務の60日以内支払いの努力目標」を、中部地区では「商習慣の切換えだけで実現可能なレベル」として産官学と企業間連携で早期実現する作戦のご相談。

-

キックオフ研修会プログラム 

(1) IoT・FinTech化関連政府筋動向(内閣府、経産省、デジタル庁、経団連等)  SCCC協議会 理事長 兼子邦彦 

(2) 「本社力養成スクール」概要紹介     同 副理事長 河田 信        

(3) 商・金流、B2B生産性改革 実験実証報告と中小企業参画の呼びかけ。

Ⅰ 中部地区モデルその1「QR付紙伝票+入力アプリ」 同 理事 岸田賢次

Ⅱ 中部地区モデルその2「QR付紙伝票+親子連携」  古川電機 荒木雅広

Ⅲ (つなぐITコンソーシアム)電子入力、中小企業共通EDIからZEDIへ  グローバルワイズ 廣瀬賢次郎

(4)  QRコード 親子連携と三段階突合の意義  SCCC協議会 理事 野村政弘                

(5) <提案と討議> ポストコロナ 中部地区企業 B2B生産性の課題と解決策

                     司会 SCCC協議会副理事長 河田信

* 時間配分 (1)から(4)まで、各報告者 20分 (5)60分

 -    

〇 キックオフ研修会参加ご案内の対象

  中小企業経営者、傘下に多重の下請構造を持つ業界の経営幹部、消費増税、インボイス制度対応問題にご関心の職業会計人(税理士、公認会計士)、 TPSの現場力、プロコンサルで、「本社力」領域にご関心の方、ITベンダー、JIT経営、DX等ににご関心の大学教員及び研究者など。

研修会参加料 >  

・ESD21会員:¥2000 /1名(消費税込み、および使用教材費含む。以下同じ) 

・一般参加希望の個人または企業 

     個人参加: ¥8,000 /1名 

     企業参加(2名以上の場合):¥5,000 /1名 

参加申し込み方法

〇 連絡先 e-mail: info@scccbsq.com    TEL 052-581-2620

     (株)グローバルワイズ内 (SCCC協議会事務局:永野英行 or 梅地真理子)

〇 その他お問い合わせ:TEL 090-9228-8808(SCCC協議会副事務局長:河田信)

〇  ESD21会員(わくわくJIT研究会)各位は、別途お送りする案内メールへの返信メールにて、参加、不参加をご連絡下さい。

〇  一般参加ご希望の方は、パンフレットのお申し込みフォームからお申込み下さい。

〇  Web研修会の定員は100名、先着順に受け付けます。(満席の場合は、5月開催の本社力養成スクールに直接ご参加をお奨めします)

-    

参加料振込先> 参加申込み各位は、セミナー前日(4月22)までに振込み願います。

      三菱UFJ銀行 春日井支店

     【預金種目】普通預金 【口座番号】No.0295203

     【口座名義】一般社団法人SCCC・リアルタイム経営推進協議会 

           代表理事 兼子邦彦

                                        以上

 今回は新たなスタイルのWeb勉強会となり大変盛り上がりました。

 ESD21として過去10年間会員にミャンマーの魅力を伝え、またミャンマー進出への動機づけ活動をしてきたものの、 今回の騒動で不安を感じましたが、お二人の基調講演が前向きな勇気づける内容であり、今後ともミャンマーの魅力と興味を持ち続ける事を確認できました。特に山口氏のミャンマーの潜在的な日本からの投資や進出の価値の大きさを強調されたコメントは、参加者を勇気ずけました。
 今後の勉強会でもここ数ヵ月がかなり大事な変化が出てくるとの皆さんの共通認識に注意し、アンテナを広げてこの点に重要な役割を果たしたいと考えます。

(文責:鈴木明夫)

3月10日(水) ESD21 ミャンマー勉強会(表紙).jpg

==========================================================================================

ESD21会員及びご支援者各位                                     2021年2月26日

                                           ESD21顧問・理事 鈴木明夫

                                              理事 佐土井有里

ESD21「ミャンマーの今を知る」ミャンマーWEB勉強会開催のご案内

 2016年以降、民主化政権により活発になった「アジアのラストフロンテイア」と呼ばれ日本企業も新たな市場や製造・物流の拠点として進出が増えました。

 しかしながら昨今のコロナ禍や去る2月1日に起こった「クーデター」の影響が大きくなりつつあり今後、変化するミャンマーの動きを注視し、ビジネス面のみならず国際社会は何をなすべきかの明確な意思を示すためにESD21として、定期勉強会を開催し現地の最新情報や各方面での関係者間で意見交換により適切な判断や対応の一助になればと考え企画しましたのでぜひご参加賜りたくご案内申し上げます。

 この勉強会開催には去る2月24日のESD21新年例会でクーデター後のミャンマーの様々な話題で盛り上がりましたのでこれを受けて企画したものです。

 この例会での各講演内容は下記URLでご参照下さい。
 https://www.esd21.jp/news/2021/02/esd21-3224.html

 ミャンマーに既に進出された又は検討中の企業の方や現地の状況をお知りになりたい方々にはぜひご参加下さい。

                 記

1.開催日時:2021年3月10日(水)15:00~17:00(日本時間),12:30~14:30(ミャンマー時間)

2.プログラム:(当日の通信事情により内容変更する事ご承知おき下さい)      

① ミャンマー側からの「基調講演」(日本語)
 「ミャンマーの過去・現在・未来を語る」
             講師:Myanmar Japan SEDA 理事長 エイミン氏
 同団体とESD21とは提携関係にあり、過去10年間ミャンマー各地でESD21と協業でのビジネスマッチング支援やTPS/LEAN研修事業を展開中。エイミン氏は過去の軍事クーデター発生時には学生として民主化運動を体験され今回のクーデターの背景などや日本での留学や日本とのビジネス経験を通じその多くを語って頂きます。

ミャンマーからの「基調講演」
 「世界的に大きな期待で始まった民主化への動きがなぜ?そして今後のミャンマーは?日本の対応は?」
   ―東南アジアで苦労して民主化した国(タイ、フィリピン、インドネシア、カンボジア)同様にミャンマーでも安定した民主主義と奇跡的な経済発展を成し遂げられるかの正直な思いを語って頂きますー
              講師:Office Teddy Co., Ltd 代表 山口哲氏 
 同氏は三井物産での豊富な海外ビジネス経験を経られ2012年から2年間JETROヤンゴン投資アドバイザー、2014年にヤンゴンで独立され事業開始されました。ESD21の名誉会員としても活動のご協力を頂いています。

③ ミャンマー側参加者と日本側参加者との情報交換

④ 次回以降の勉強会の頻度や内容などの意見交換

3. 会費:無料

■ご参加について:

  Zoom勉強会へのご参加は下記登録フォームにて参加申込み下さい。
  参加登録の方に、以下①、②のWeb会議室入室方法を事前にメールで連絡します。
  初めての方も簡単です。

① PCで参加の場合:会議室URLをクリックするだけでWeb勉強会に参加可能です。
② スマホで参加の場合:事前送付のミーティングID、パスワード を入力下さい。 

(予め、Zoomアプリをダウンロード要)

   ご参考:ESD21 ZOOM会議方式Web勉強会参加手順.docx 

■申込方法  下記の申込フォームに必要事項を記載の上、お申し込みください。

         お申し込みは、終了しました。

このたびの新年例会にはお忙しい中にもかかわらず80名の皆様にご参加頂き誠に有難うございました。

コロナ緊急事態宣言の期限解除も近くなったようですが生活パターン同様にESD21の活動も不便さと同時にWEBでのイベント開催設営にも慣れて手際よく行う事ができました。今回は本例会開催の直前にミャンマー国軍によるクーデターが起こりましたので急遽、プログラムも日本とミャンマーとの最新情報交換を重点に変更しました。ESD21の10年間のミャンマー事業活動で同国と関係ができた日本側/ミャンマー側講師による貴重な生情報が得られ大いに盛り上がりました。

またミャンマー現地での医療活動を通じ「命と未来」を守る奉仕活動にご尽力されている名知先生にミャンマー側で参加願い、昨年に続き2千世帯分の手洗い石鹸を寄贈し、先生には感謝のお言葉を頂きました。

 一方、テーマー事業の「TPS/IT」融合効果事例として製造業のデジタル変革による全体最適化の「協和工業/USP研究所協業ユニバーサルプロジェクト」の成果報告がありました。この事例は今後、中小製造業のDX推進に大いに参考になるものと期待します。続いて行われた恒例の抽選会ではUSP研究所の顧客であるポルトガルからのワインの差し入れやESD21からの景品で盛り上がりました。

ご講演いただいた皆さん、ご多忙な中参加頂いた皆さんには厚くお礼を申し上げます。(文責 堀田) 

各講師の発表資料については、プログラムの講師名の資料(名前)のクリックでダウンロードできます。

新年会表紙.png

==================================================================================

                                  令和3年1月26日
ESD21会員 各位
                                  ESD21代表理事 黒岩 惠


 ESD21会員の皆様にはいつもご支援をいただき誠に有難うございます。
 ご存知のように昨年年初より、コロナ禍の中、全てのイベントをWeb方式(ZOOM会議方式)で開催してまいりました。
 初めての試みで、参加頂いた皆様には何かとご不自由をおかけしたかと思いますが、例年のような多彩なプログラムをご用意できなかったにも拘わらず、毎回多数ご参加を頂き少しはご期待に副えたかと安堵しております。また遠方の会員の皆様には移動を伴わず参加頂けたのではないかと思います。
 しかしながら、ESD21の売りでありましたイベント後の懇親会をバーチャル方式で行い、それなりの評価を頂いたとはいえ、本来のフェーストゥーフェースでの懇親がかなわず大いに心残りでした。
 昨年末からの第3波の拡大で、本年最初のイベントである「新年例会」も残念ながらWeb形式での開催となりましたが、ミヤンマー滞在記や政治情勢をはじめとした多彩な話題と、講演の後には、お待ちかねのお年玉抽選会を用意しておりますので、大いにご期待下さい。

 また希望者には閉会後、オンラインでの交流の場(飲み会)を設けるつもりですので、皆様には是非ご参加賜りますと共に、交流の場、で更なる懇親を深められますようご案内致します。

  
   ~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~
  
■新年例会 : 開催日 : 2021年2月24日(水)
       開催時間:16:00~18:00(ZOOM方式)
       受付開始:15:30~

   
            会員例会プログラム

1)挨拶と今旬トピックス(5分)     ESD21代表理事 黒岩 惠

2)ミャンマー滞在1年間の現地中小企業調査実情(20分)
                      名城大学教授 佐土井有里 氏

3)ミャンマークーデター後の現地からの現況(15分)
   ・ミャンマーMVC会計事務所 代表 会計士 中山 さやか 氏
   ・TNY国際法律事務所  代表取締役兼弁護士 堤 雄史 氏
        (ご両社共にヤンゴン在住のESD21賛助会員)

4)「医療と菜園で輝くミャンマーの2021年をみなさまと響働で!」& 支援セレモニー(15分)

  NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)―ESD21提携団体―
                      代表理事 医師 名知 仁子 氏

5)「海外新規事業開発の体験よもやま話とミャンマーのクーデター発生に思う事」(20分)

   -ヤマハ発動機での米国や途上国での新事業開発体験を通じ、
    コロナ渦の中で新事業開発のヒント及びトヨタフォークリフト等の
    ミャンマーでの事業化推進からみたミャンマーの実態などー
           (有)トレンデイー名古屋 顧問 菅野 学享 氏

6)デジタル変革化(DX)の中でのTPSとITシナジー事例紹介(30分)
               (有)USP研究所代表取締役 當仲 寛哲 氏

    ・「モノづくり会社」の社長が望む、誰でもすぐ出来る最強デジタル改革の最前線」(動画)
    ・ポルトガルでの活動と美しい街、自然と美味しいワインの紹介(動画)

7)お年玉抽選会(15分)(会員限定)

  (景品:ポルトガル高級赤ワイン5本(USP提供)&時宜を得た商品多数) 

■オンライン交流会<18:00~>
 
■募集人員:100名 
  ・ESD21会員優先
 

■ ご参加について:
  Zoom会議へのご参加は下記登録フォームにて参加申込み下さい。
  会議参加登録の方に、以下①、②のWebセミナー参加方法を事前にメールで連絡します。初めての方も簡単です。
  ①PCで参加の場合:会議室URLをクリックするだけでWeb会議に参加可能です。
  ②スマホで参加の場合:事前送付のミーティングID、パスワード を入力下さい。 (予め、Zoomアプリをダウンロード要)

■ 申込方法  下記の申込フォームに必要事項を記載の上、お申し込みください。

[[aform263]]

特別企画 ウェブセミナー「アフターコロナ時代のセキュリティ 〜ゼロトラストを読み解く〜」


COVID-19 が吹き荒れ、テレワークやリモート会議が当たり前となった今、セキュリティの課題はさらに複雑化するでしょう。そんな中「ゼロトラスト」、「ゼロトラストセキュリティ」と言う言葉がクローズアップされています。しかし、「ゼロトラスト」は、セキュリティの「答え」でも「目的」でもありません。「ゼロトラスト」と言うキーワードに踊らされることなく、みなさんの組織で進むべきセキュリティの取り組みを見つけて頂きたく、「アフターコロナ時代のセキュリティ 〜ゼロトラストを読み解く〜」と題したウェブセミナーを企画しました。皆さまのご参加をお待ちしております。

日時: 2020年11月18日(水)17:00~18:30 (接続受付開始16:40)
場所: Zoom会議室 (URI は参加者へメールでお知らせします)
定員: 100名(申込み登録先着順) 参加費:無料 (どなたも参加歓迎します)

プログラム
17:00~17:05 【開会挨拶】 ESD21 理事
17:05~18:30 【講演と質疑】 「アフターコロナ時代のセキュリティ 〜ゼロトラストを読み解く〜」

講師: 永野 憲次郎
講師所属: 株式会社中電シーティーアイ インフラユニット インフラ・セキュリティサービス部 セキュリティ基盤グループリーダー
講師略歴: CHUDEN-CSIRTの一員として、中部電力グループにおけるセキュリティ事象の監視,分析・調査および対策の実行部隊を統括
セキュリティ監視サービスなど、外販向けのセキュリティサービスの企画・運営も担う
日本シーサート協議会 地区活動委員
JNSA 事業コンプライアンス部会 部会員
JNSA 社会活動部会 部会員

19:00 閉会

[[aform262]]

ESD21主催Webセミナー

「トヨタ生産方式(TPS)とAgileソフトウェア開発」

 ITサービス、ソフトウェア開発にAgileプロセスの導入が本格化しつつある。講演者がアジャイルプロセス協議会で講演した年が2006年(http://www.agileprocess.jp/member-message)、U.S.のソルトレイクシティのAgile2011で招待講演、組み込みシステム含めて、大手IT企業での講演などで「ソフト開発のAgile方式への転換は歴史的必然」と訴求してきて10数年、やっとAgileプロセスがソフトウェア開発のメインストリームになる予兆を感じます。

 今回のESD21主催Webセミナーは、8月開催のESD21協賛APSOMオンラインリレーセミナー(第一回)の内容と全く同じイベントです。8月開催の時は、すぐに定員となりお断りした方も多く、今回はESD21主催で再度開催するものです。ソフトウェアのAgileプロセスの源流は、ご存じの通りトヨタ生産方式(TPS)。ソフト開発に関わる方がTPS入門として学んで頂ければ幸いです。

(以下は前回の案内文に同じ:https://www.esd21.jp/news/2020/08/821esd21apsom-2020.html)当日の資料はこの案内のプログラム欄にUP。もう少し学びたい方には、講義時間2時間の2019年開催のTPS連続講座「TPS/トヨタウェイを楽しみながら学ぶ講習会」の下記URLをご参照下さい。TPSとITに関わる黒岩の拙稿をを後部に講演資料としてUPしています。 https://www.esd21.jp/news/2019/02/tps-3.htm

 また、コロナ禍により医療用のガウン不足で、トヨタのTPSが貢献した動画、「香川照之の医療用防護服生産量を100倍にしたトヨタ生産方式の秘密」には、「流れづくり」、「手待ちのムダ排除」、「標準作業」など、TPSの改善事例が沢山出てきます。ぜひご参考頂きたく。

https://www.youtube.com/watch?v=J0nO-04ArBs (38秒) https://www.youtube.com/watchv=GGJt8VUu4cc (28分3秒)

-

-

「トヨタ生産方式(TPS)とAgileソフトウェア開発」

~ITサービス業の皆様へのTPS入門~

〇 開催日時:2020年10月29日(木)16:00-17:30   講演:60分、質疑応答:30分

〇 場所(形式):オンラインミーティング(Zoomを予定)、開催URL、ミーティングID/PW、会議室の入場可能時間などは開催当日までに別途ご案内差し上げます)

〇 定員: 90名 (主催、協賛団体の合計)

〇 講師:  黒岩 惠(くろいわさとし), 一般社団法人ESD21代表理事、NPO法人ものづくりAPS推進機構理事長、トヨタ社友

講演資料 ⇒ 8月21日TPS講演(黒岩).pdf 

〇 講演概要: トヨタ生産方式(TPS)は、80年代初にトヨタが北米に進出して以来、競争優位のビジネスモデルとして、Lean方式の名で世界中に展開。「人間性尊重と価値の流れ」と人財育成が基本であるTPSと、TPS/Lean方式から誕生したソフトウェアのAgile開発を解説する。        講演時間:1時間、途中で休憩兼ねて10分Q&A、講演終了後に20分Q&A。基本的には上記にUPの講演資料で講義予定。予め質問項目などをzoom会議開始後、Zoomチャット欄に記載頂ければ幸いです。

〇 交流会:17:30~18:30  オンライン交流会です。予め参加登録頂き、どなたも参加できます。 途中退席、アルコールも自由です。TPSのコンサルで経験豊富な専門家も参加予定ですので、TPSに関するQ&A含めて自由な交流会の予定。     

〇 お問合せ、参加登録:お問合せはメールで黒岩:skuro@esd21.jp。参加登録は以下のフォームにて。

[[aform261]

「ESD21」会員例会にご参加頂きありがとうございました。

今回は多数の皆さんの参加の下、4名の会員講師に登壇いただきましたが、対象は多岐にわたりながら、それぞれ内容の濃いお話を頂き参加された皆さんも大いに満足していただけたのではと存じます。

5月の会員総会以来、これまで各種イベントをWEB形式で開催し、毎回新たな発見がありましたが、今回は本年度初めての懇親会(交流会)をWeb形式で行いました。リアル懇親会の様にあちこちで異なる話題に花が咲くスタイルは望めませんので気掛かりではありましたが、鈴木顧問の音頭での乾杯に始まり、共通の話題で盛り上がりあっという間に予定の時間が過ぎた印象でした。

今後も有意義なイベントを企画開催いたしますのでご期待下さい。各講師の発表資料につきましては、プログラムの講師名の資料(名前)のクリックでダウンロードできます。(文責:堀田茂雄)

===============================================================

                         令和2年9月23日
ESD21会員、及びビジター(非会員)各位
                    ESD21代表理事 黒岩 惠

ESD21会員の皆様にはいつもご支援をいただき誠に有難うございます。
 ESD21の会員例会は、会員相互の「情報交換の場」として相互研鑽の場を提供すること、ならびに会員相互の親睦を図ることを目的としており、毎回大変好評を頂いております。
 本年度はコロナ禍の下、会員総会をはじめとする各種イベントをWeb会議方式で実施してまいりましたが、安全を期して秋季の会員例会もWeb会議方式で催行致します。

 今回も、ESD21会員講師の皆さんから、現在活動中のホットな取り組みなど、興味深いテーマでお話を頂くことになりました。
 またWeb方式であることを考慮し、1時間半の時間設定で4名の方にご登壇いただくこととしました。
 残念ながら従来の様にリアルな懇親会を設けることは出来ませんが、最後の講演の後に、講演いただいた皆さんとの質疑の時間を設け、また希望者には閉会後、オンラインでの交流の場(飲み会)を設けるつもりですので、皆様には是非ご参加賜りますと共に、質疑の間、交流の場、で更なる懇親を深められますようご案内致します。

            ~~ 記 ~~
■日 時: 令和2年10月13日(火) <受付開始:14:30>
■「会員例会」<15;00~17:00> Zoom会議方式
 【開会挨拶】<15:00~15:10>       ESD21代表 黒岩 惠 
 【講演1】<15:10~15:30>
    海外生産と「技能実習生・高度外国人材」:中小企業のケースから資料(弘中).pdf
       中京大学 総合政策学部 教授 弘中史子 氏
 【講演2】<15:30~15:50>
    DESIGN THINKING  イノベーション=「新価値創造」

       有限会社 木村デザイン研究所 CDO 木村 徹 氏

 【講演3】<15:50~16:10>
   「幸せなITシステム開発目指して」
 ー裁判や調停事件から見えてくるITシステムの要点ー資料(和澤).pdf
       高度生産研究所 所長 和澤 功 氏
 【講演4】<16:10~16:30>
   「ロングセラーに学ぶ」資料(池山).pdf
       株式会社BIB 代表取締役 池山昭夫 氏 
     
 【質疑応答】<16:30~17:00>
 【閉 会】<17:00>


■オンライン交流会<17:00~18:00>
 
■募集人員:70名 
  ・ESD21会員優先
■参加費: 無料 

■ ご参加について:
  Zoom会議へのご参加は下記登録フォームにて参加申込み下さい。
  会議参加登録の方に、以下①、②のWebセミナー参加方法を事前にメールで連絡します。初めての方も簡単です。
  ①PCで参加の場合:会議室URLをクリックするだけでWeb会議に参加可能です。
  ②スマホで参加の場合:事前送付のミーティングID、パスワード を入力下さい。 (予め、Zoomアプリをダウンロード要)


  

ESD21ミャンマー製造業向け「TPS-TOYOTA WAY」Webセミナー開催のご案内

 コロナ渦での ミャンマー事業活動の挑戦としてミャンマーマンダレー企業経営者との3回のビジネス交流会に続き、ミャンマー発展支援のためのステップとして去る9月8日「TPS-TOYOTA WAY」のWEBセミナーを実施しました。

ミャンマー企業経営者合計30 (15名が会場で、15名がオンラインで)日本側はアドバイザー約15名が参加し、両国からの制限時間を超過する活発な質疑応答がありました。次のステップの日本からの指導者による「TPSの現地研修」の決定にはコロナ渦の収束時期が見通せないためその間、今後、1~2回のWEBセミナーを続ける予定です。

今回のミャンマー側での状況は添付の写真とfacebookによる動画をご参照下さい。

https://www.facebook.com/100003247304639/videos/pcb.3230599193724959/3230485310403014/

(文責: 鈴木明夫)
TPS-TOYOTA WAY1.jpgTPS-TOYOTA WAY2.jpg

ESD21会員各位           

ESD21の活動にいろいろご支援頂きありがとうございます。

本年7月から3回開催の「日本/ミャンマービジネスオンライン共同会議」を踏まえて同国製造業の課題解決のために今般、「TPS-トヨタウエイ」の実践が有効である事の理解のためにミャンマー向けWebセミナーを下記の通り開催をします。

今回は当初ミャンマー向けに説明画像(英語)と音声をミャンマー語の録画の再生及び質疑応答のプログラムを企画しましたが日本側会員の皆様にもこの企画が何らかのご参考になるものと考え日本語訳をサイトでご参照願う事でご興味のおありの方々にはご参加頂きたくご案内申し上げます。

参加お申込みの方には順次ZoomリンクのURLをご連絡申し上げます。

(既にメールでお申し込み頂いている方にはお手数ですが再度のご登録をお願いします。)

              - 記 -

1. 日時:9月8日(火)16:00~18:00(日本時間) ZoomによるWEBセミナー「TPS-TOYOTA WAY」

2. プログラム:

 1) 開会進行役挨拶 2020年9月8日TPS鈴木開会挨拶.pdf  

    MIMCセミナー.pdf

 2) 講演(1)「ESD21の概要、セミナーの趣旨、海外でのTPS実践体験」 ESD21顧問・理事 鈴木明夫

    Akio Suzuki-英語.pdf

    鈴木明夫ー日本語訳.pdf                         

    講演(2)「TPS-TOYOTA WAY」  ESD21代表理事 黒岩 惠

    TPS -Toyota Way,Part 1(Satoshi Kuroiwa).pdf

    黒岩惠Part1ー日本語訳.pdf

    TPS -Toyota Way, Part 2(Satoshi Kuroiwa).pdf

    黒岩惠Part2ー日本語訳.pdf

    TPS -Toyota Way,Part 3(Satoshi Kuroiwa).pdf

    黒岩惠Part3ー日本語訳.pdf

 3)ミャンマー/日本オンラインによる質疑応答

3.参加お申込み:

主催:NPO法人「ものづくりAPS推進機構」 協賛:ESD21

APSOMオンライン・リレーセミナー2020

 ESD21協賛セミナーに予想以上の方に参加頂き有難うございました。定員のため早めの受付終了で、大変申し訳ありませんでした。本イベント、ESD21主催で10月に再度開催予定ですので、よろしくお願いします。当日の資料はプログラム欄にUPしております。また、2019年開催のTPS連続講座「TPS/トヨタウェイを楽しみながら学ぶ講習会」の下記URLに、TPSとITに関わる黒岩の拙稿とともに講演資料UP。ご参照頂ければ幸いです。 https://www.esd21.jp/news/2019/02/tps-3.htm

 また、コロナ禍により医療用のガウンの不足で、トヨタのTPSが貢献した動画、「香川照之の医療用防護服生産量を100倍にしたトヨタ生産方式の秘密」には、流れづくり、手待ちのムダ排除、標準作業など、TPSの改善事例が沢山出てきます。ぜひご参考頂きたく。(文責:黒岩)

https://www.youtube.com/watch?v=J0nO-04ArBs (38秒) https://www.youtube.com/watchv=GGJt8VUu4cc (28分3秒)

 

【講演テーマ】APSOMオンライン・リレーセミナ2020(第一回)

「モノづくりのトヨタ生産方式(TPS)とAgileソフトウェア開発」

~ITサービス業の皆様へのTPS入門~

〇 開催日時:2020年8月21日(金)16:00-17:30   講演:60分、質疑応答:15分

〇 場所(形式):オンラインミーティング(Zoomを予定)、開催URL、ミーティングID/PW、会議室の入場可能時間などは開催当日までに別途ご案内差し上げます)

〇 定員: 90名 (主催、協賛団体の合計)

〇 講師:  黒岩 惠(くろいわさとし)NPO法人「ものづくりAPS推進機構」理事長, 一般社団法人ESD21代表理事、トヨタ社友

講演資料 ⇒ 8月21日TPS講演(黒岩).pdf 

〇 講演概要: トヨタ生産方式(TPS)は、80年代初にトヨタが北米に進出して以来、競争優位のビジネスモデルとして、Lean方式の名で世界中に展開。「人間性尊重と価値の流れ」と人財育成が基本であるTPSと、TPS/Lean方式から誕生したソフトウェアのAgile開発を解説する。

〇 主催団体、APSOMからのご案内: https://apsom.org/wp/2020/08/03/352/

〇 お問合せ、参加登録:お問合せはメールで黒岩:skuro@esd21.jp。参加登録は以下のフォームにて。

  2か月後予定で、本テーマのWebinarを再度予定。13時以降に登録の方は、優先的にご案内します。

[[aform258]

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット