2019年3月アーカイブ

 「ESD21勝ち残るモノづくり企業のイノベーションオープンフォーラム」のご案内

-

主催: 一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(略称ESD21)

後援:(一社)愛知県鉄工連合会、(特非営法人)ビジネスシステムイニシアテイブ協会、名城大学アジア研究センター

-

 オープンフォーラム100名を超す熱心な聴講者の参加で盛会裏に終了。年度末の時期のお忙しい時に参加頂き有難うございました。ESD21の理念の「三方良し」の法人会員同志の素晴しい協業事例の紹介と共に勝ち残るモノづくり企業のイノベーションの方策として「TPS/IT,アジャイル開発、デザイン思考の三つのキーワードによる講演には参加企業のみなさんのお役に立てたものと考えます。写真と講演資料アップ(下記の<プログラム>講師名の後)しておきます。(文責 鈴木)

P3220001.JPGP3220011.JPG

 モノづくり中小企業の経営者の多くが日頃悩まれている売上拡大、商品・サービス強化、工期短縮、コスト削減などの課題に「トヨタウエイ」を基本とする新しい解決方法についての事例紹介と体験談により皆さまに競争力のある製品・サービスの創出と「経営の見える化」のイノベーションに一歩踏み出るきっかけをつくる絶好の機会であります。

このイノベーションに必要な新しい三つの組み合わせ「TPS/トヨタウエイ」「進化したアジャイル(システム)」「デザイン思考(問題探索)」をやさしくご理解頂くように企画しました。

企業経営者、管理職やビジネスパートナーとしてのITベンダー/コーデイネーター/企業コンサルタントの皆さまには万障お繰り合わせのうえ、ご参加賜りたく下記ご案内申し上げます。

                  記

■開催日時: 2019年3月22日(金) 13:30~17:00(受付12:30~)

■開催場所: 名城大学ナゴヤドーム前キャンパス 南館DS305号室 名古屋市東区矢田南4丁目102-09      

       名古屋市東区矢田南4丁目102-9

       JR中央本線・名鉄瀬戸線「大曽根」駅下車 徒歩約10分。

       地下鉄名城線 「ナゴヤドーム前矢田」駅下車2番出口 徒歩約3分。

       ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田」駅から徒歩約5

 https://www.meijo-u.ac.jp/about/campus/dome.html

■定員200名(申込み先着順) 参加費:無料

■プログラム:      開始: 13時30分 コーディネータ&進行役  鈴木明夫  開催案内.pdf

                   開会挨拶 ESD21代表理事 黑岩 惠(15分) 資料(黒岩).pdf

(1) 製造業初の業務密着型(TPSとIT)開発手法"ユニケージ"による「社長が望む、今から誰でもすぐに出来るモノづくり工場の最強改革をしませんか?」(90分)

~背景その1★工場と本社の現実(リアル)のつながりを「見える化」

背景その2★製造業のプライド(価格・品質・納期)維持のためのシステム開発をユーザーと一緒に知恵を絞り最少の費用と最短期間でシンプルオペレーションに集中する業務改革

  ●開発 :(有)ユニバーサルシェルプログラミング研究所代表取締役所長 當仲寛哲氏

  ●ユーザー:協和工業(株)代表取締役社長 鬼頭佑治氏           資料(鬼頭、當仲).pdf

-

(2)進化したアジャイル手法で開発した受発注業務のクラウド型次世代EDIサービスでコスト負担の削減」「業務効率アッフ」に貢献する事例紹介(35分)

~組織の垣根を超え、顧客と会話をし、イノベーションで世界を変える~

  (株)グローバルワイズEDMシステム本部EDIシステム部長   山下正博氏    資料(山下).pdf

-

(3)今はやりの「デザイン思考の見える化」が経営革新と事業拡大への第一歩(50分)

~魅力的なモノづくりをする為の条件とは~

不確実性の時代に人間中心にイノベーションを実現させる問題発見・問題解決方法を分かりやすく解説。

  (有)木村デザイン研究所 代表取締役  木村 徹氏               資料(木村).pdf 

  (トヨタデザイン部長、名古屋工大大学院教授、川崎重工退社後、現職と大学非常勤講師)

-

■交流懇親会(17:30~19:30)

 1)場所: 同キャンパス内 レストラン"MU GARDEN TERRACE"

 2)参加費: 4千円/人(領収書発行)

 3)定員: 50名 

 ★ ご注意:「懇親会参加お申し込み後のキャンセルは、必ず3月15日(金)までにメールでお願いします。期限までにご連絡がない場合には事後に費用のご請求をさせて頂きます。キャンセル連絡先メールアドレス:asuzuki@esd21.jp(ESD21鈴木宛)

 参加お申し込み:下記の参加申込みフォームに記入後、参加登録下さい。愛知県鉄工連合会会員の方は、FAXでも受け付け可能です。以下の参加登録用紙(FAX参加登録用紙.docx)をクリックしてダウンロード頂き、必要項目記入後、所定のFAX番号宛送付下さい。お問い合わせは、以下に連絡下さい。(メールのみ): asuzuki@esd21.jp(ESD21鈴木宛)

[[aform230]

終了「ミャンマー企業経営者との交流会開催のご案内」

-

 今回のご参加頂いた皆さまのお陰で盛大に両国の有意義な交流ができ感謝します。

ESD21として今回の来日視察団を引率されたミャンマージャパンセンター(MJC)さんに協力する形で3月5、6,7日の3日間工場視察の設営と案内を実施し、視察団の皆さんには今後の各社の経営に大いに役立つ見聞ができ、同時にTPSの有効性も認識できたと大いに喜んで頂きました。また最終日には交流会と懇親会で日緬双方からの取引、提携、合弁の話題など積極的な意見交換で関係づくりに一歩前進できました。(文責 鈴木) 発表資料と視察団16社の会社概要はプログラム欄にアップしています。

P3060553.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像P3060565.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像P3060569.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

ミャンマー視察団16社の皆さんとの集合写真

「ミャンマー企業経営者との交流会プログラム」

共催: 一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(略称ESD21)名城大学アジア研究センター

後援: 独立行政法人国際協力機構 中部国際センター(JICA中部)

~~~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~

日時: 2019年3月6日(水)14:30~17:30(受付14:00~)

場所: JICA中部セミナールームA

プログラム: (14:30開始)     

進行: 佐土井 有里(ESD21理事、名城大経済学部教授)

       通訳: タンタンアウング氏(MJCマネージャー)

トウトウフライング(ESD21理事・サンダーリングライト(株)取締役)

1)<14:35~14:40)

     主催者代表歓迎挨拶     黑岩 惠(ESD21代表理事)               

2)<14:40~15:00>

 「ESD21のミャンマー経済発展への支援活動」  鈴木明夫(ESD21顧問・理事) 資料(鈴木).pdf

3)<15:00~15:05>

  講演:「ミャンマー日本人材開発センターの紹介」  https://www.jica.go.jp/japancenter/myanmar/index.html

     タンタンアウング氏 (Myanmar-Japan Center-MJCマネジャー、名古屋大学経済学博士号取得)

4)<15:05~16:05>

  ミャンマー視察団16社の自己紹介、視察感想、及び日本への要望事項など  視察団各社紹介.pdf

        <16:05~16:25>休憩

5)<16:25~16:35>

 「JICAの中小企業・SDGS支援事業」 加藤寛史氏(JICA中部連携推進課) 紹介資料(加藤).pdf

6)<16:35~17:30>

  ミャンマー側/日本側参加者との情報交換、商談&質疑応答

        ―17:30閉会―

■視察団との懇親会(18:00~20:00) (事前申込み登録された方)

  場所:JICAビル1階 レストラン "カフェクロスロード"

                           以上

[[aform231]

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット