産官学連携:JIT経営本社力養成スクール参加者募集のお知らせ

SCCC・リアルタイム経営推進協議会

産官学連携:JIT経営本社力養成スクール参加者募集のお知らせ 

 ESD21との提携団体のSCCC・リアルタイム経営推進協議会は、6月下旬から下記プロジェクトへの中部地区企業の募集を開始いたします。ぜひご参加頂きたくお知らせします。

プロジェクトの名称 :産官学連携:「カネの流れ10倍速のオフィス生産性」;
「中小企業庁目標: 支払いサイト60日以内」に本気で挑む中部地区
2021年未曽有の国難:ピンチをチャンスに!!:ポストコロナ経済V字回復を目指して


緊急課題:特に中小零細企業オフィス業務の生産性 !!

電話・Faxを伴う手入力の受注売上処理、仕入台帳記入事務に加え、消費税率ごと、非課税・課税事業者別の記帳が要求され、その上、2023年10月に導入予定の電子インボイス(適格請求書)制度。
 だが大丈夫。パソコン、エクセル、スマホさえあれば一ミスなし、ムダなし、スッキリの「省力効果と働き方改革」が、一挙に実現

「SCCC・リアルタイム経営推進協議会(略称:SCCC協議会)」
又は産学連携「JIT経営本社力養成スクール」のホームページからの申し込みで、
QRコード付伝票の自動出力アプリ を貴メールに振込み!! 

  ご参照:URL:http://scccbsq.com/
または:http://honsharyoku.html.xdomain.jp/index.html

  

   <Aコース> SCCC協議会 会員入会コース(年会費 \ 10,000)
         入会者の特典:「QR付コード付き適格請求書自動作成アプリ」 無償提供 
            +産学連携 本社力養成スクール(ZOOMまたはリアル) 受講料無料
            (お勧め:JIT経営導入の短期成功に向けての「本社力」の受講や、コンサル)

   <Bコース> 「中部地区モデル」QR付コード アプリ提供 ¥1,000
         名城大学連携機関の場合:無償
         (ESD21会員、名古屋商工会議所、愛知中小企業同友会ほか
         (先ずは入り易い簡易版で確実な成果を確認し、意欲が持てたらAコースまたは
         EDI完全自動化・電子インボイス対応のグローバルワイズ型 :こちらは10月募集

申込みまたはお問い合わせ先
   AまたはBコース申込み:(名城大学)NPO法人ミライアンス 理事長 鈴木雅之 milliance.aichi@gmail.co
   その他お問い合わせ: 名城大学名誉教授(SCCC協議会副理事長) 河田 信 info@scccbsq.com

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット