令和3年7月29日(木) ESD21「TPS&生産性向上」第1回Webフォーラム

ESD21「TPS&生産性向上」Webフォーラム

TPSによる食品製造業の生産性向上

-

  日頃は大変お世話になり、ESD21の活動にご指導、ご支援頂き有難うございます。今年度のESD21のTPS/Lean/Agile 事業では、コロナ禍での定番になったWeb方式による「TPS&生産性向上」を共通テーマとして、毎月の予定で開催します。

  TPSと生産性向上の企業指導に経験豊富な講師を招聘して、自由に話題提供頂き、 参加者との意見交換と議論をとおして、生産性向上の本質を学ぶ場がWebフォーラムです。講師の企業指導の経験から、TPSの原理原則や方法論、生産性向上の要諦は何かを、製造業だけでなく、非製造業、さらにホワイトカラー職場やTPSを源流とするAgileソフト開発による生産性向上のヒントを掴んで頂けたら幸いです。

  第一回目はESD21会員、(株)経営技術研究所の藤井春雄 氏に出講頂きます。彼は製造業だけでなく、非製造業、サービス業、農業分野など広い範囲でTPS適用に経験豊富な指導者です。ESD21が連携活動をしている飯島町プロジェクトの関係で、「ESD21による町おこし提案」も飯島町で実施頂いています。

<藤井春雄氏のESD21の講演> 講師略歴は「参加登録フォーム」の後に掲載しています。

テーマ「トヨタ式人財づくり」~人づくりの重要性と"カイゼン"による競争力の向上~

TPS と地方創生【ESD21による町おこし提案】 

-

~~~~~  記  ~~~~~

■日時:令和3年7月29日(木)16:00~17:40 (接続受付開始15:40)
■場所:Zoom会議室(URLは申込者に2日前に メールでお知らせします)
■定員:60 名(ESD21会員優先、申込先着順)参加費:無料 

■講師:株式会社 経営技術研究所〔KGK〕 代表取締役  藤井春雄 氏

■プログラム:
 16:00~16:05 挨拶と進行  

 16:05~17:40 講演と質疑応答 講演時間:1時間、質疑応答:30分

  「テーマ」: TPSによる食品製造業の生産性向上

■講演概要:  日本の時間当たり労働生産性は、2019年4,866円(購買力平価換算)で、OECD加盟37ヵ国中21位であり、米国(7,816円)の6割の水準である。製造業でみると米国の概ね2/3であるが、サービス業が米国比ほとんどの分野で50%以下で、早急なカイゼンが望まれる。そこで今回の発表では、サービス業に直結する食品製造業部門(米国比生産性60.9%)に的を絞り、TPS手法での数社のカイゼン事例を紹介する。

 (1)カイゼン事例紹介(栗きんとん加工、ぶり刺身加工、イチゴパック詰め、穀物乾燥施設、焼き鳥チェーン店) 

 (2)カイゼンアプローチ:「あるべき姿」演繹法と「IE」帰納法の両方向

 (3)IEで現状分析(工程分析・WS・TS・動画)

 (4)カイゼン効果:生産性向上1.5倍~2倍

■お問合せ、参加お申込み:

  下記の登録フォームで参加申込み下さい。お問い合わせは、黒岩(skuro*esd21.jp)まで、メールでお願いします。
*を@に置き換えてからメールをお送りください。
令和3年7月29日(木)ESD21「TPS&生産性向上」Webフォーラム

★・・OBや元・・で結構です。「なし」はご遠慮下さい。

(4)会員種別必須

ESD21会員優先です。協賛・後援団体、一般ビジターの方は7月12日より受付

入力例:foo@example.com (注)半角で入力ミスのない様に必ず再確認をお願いします。登録後の返信メールもご確認下さい。

(6)上記メールアドレスへの今後の催しのご案内必須

初めて参加のビジターの方で、案内希望の方は(2)をチェック下さい。

貴方の招待者、お問合せ、イベントのコメントなどご自由に

 株式会社 経営技術研究所〔KGK〕 代表取締役  藤井春雄 氏

■講師略歴:1971年4月大同特殊鋼㈱入社。生産管理、生産技術改善(IE,VE,QC)、全社システム開発プロジェクト(物流)リーダーを歴任し、1996年より㈱経営技術研究所 代表取締役。主に経営改善指導[経営指導、改善、TPS(トヨタ生産方式)、TPM、コストダウン指導]と、国内・海外での講演多数。著書には『よくわかる「IE7つ道具」の本』『儲かる「IE七つ道具」の活用術』『よくわかる「ジャスト・イン・タイム」の本』『よくわかる「ポカヨケ」の本』『トヨタ式人財づくり』(日刊工業新聞社)、他がある。中小企業診断士全国大会にて、平成25年度 [中小企業庁長官賞]、令和2年度[日刊工業新聞社賞]を受賞。

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット