IT/CPS事業CPS:サイバーフィジカルシステム)


◎新時代のITビジネス研究会

IT/CPS事業全体を包括する研究会で活動は最先端技術でビジネス・経済・社会のしくみを変える情報通信技術トレンドを探り会員各社の企画力・事業提案力を高め、その技術を効果的に活用することで、 新たな価値を創造し、情報産業の活性化と会員相互間のビジネスチャンスに結び付ける事を目的としています。 12月に本研究会キックオフのオープンフォーラム開催。

「新時代のITビジネス研究会キックオフ2017」
.

◎IT技術選択ポリシー研究会

新しい技術にどんな恩恵があるのか、どうつきあっていけばいいのか、またどんなリスクがあるのか、どういう技術を選択し利用していったらよいのかをもっと深く議論、検討する場が必要です。トレンドに引きずられ惑わされるばかりではなく、新技術の恩恵とリスクを冷静に分析、議論し、持続可能なかたちでの技術との関わり方を考察する研究会です。 研究会の詳細と参加方法は下記URLをご参照下さい。

https://www.esd21.jp/news/2017/07/sts.html
.

◎アイデア創出LABO研究会

IT業界を中心に話題を集め、2014年に入って一気に全国各地へ広がりを見せた共創型(Co-Creation)イベントである「アイディアソン/ハッカソン」は、最近では、NTTドコモ、楽天、TBS、ローソンや、ヤフージャパン、リクルート、セイコーエプソンといった多くの企業や、経済産業省や自治体(大阪市)などの公的機関による、商品開発や地域活性化、まちづくりなど多彩な領域での開催が相次いでおります。 ESD21では、「アイディアソン/ハッカソン」がモノづくり、人づくりの世界に大きな役割を与えるのではとの考えを基に「アイディア創出Labo(研究会)」として研究会設立準備会をスタートしました。  ESD21としては、ご参加の皆さんに是非「アイディア創出Labo(研究会)」にご参加頂き、 ご一緒に活動頂くことを希望致しております。ご興味、ご関心のある皆様には、ぜひ参加頂きますようご案内申し上げます。なお、本件のオープンフォーラムは以下のセミナーを開催しました。

2016年10月「アイディア創出Labo(研究会)」特別セミナー

研究会の詳細と参加方法は下記URLをご参照下さい。

https://www.esd21.jp/news/2017/07/29labo.html
.

◎経営に貢献するIT開発活用研究会

 この研究会では、今のITの良さを活かし、変化の激しい今の世に合った、 経営と現場に直接寄与するIT活用(開発、導入、活用)とは何かを、経営者、現場の管理者、システム開発者がひとつの場に集い、事例、デモ、ディスカッションを通して理解していきます。また、現在進行系の課題なども提供いただければ、一歩抜きん出るために有益な議論にしたいと考えています。 研究会の詳細と参加方法は下記URLをご参照下さい。

https://www.esd21.jp/news/2017/07/29it.html
.

◎高速BOMエンジン開発研究会

 以下の活動を通じて、持続可能なモノづくり・人づくりの実践を試行しています。 次世代型の BOM の開発 ② BOM の技術継承 ③既存 BOM 関連技術の改善 ユニケージによる生産管理システムのスケルトン開発を進め法人会員をはじめとする研究会メンバーで試用し、研究会で議論しながら機能・使いやすさの向上を目指し、成果物はユーザー毎にカスタマイズしやすいよう、スケルトンの状態で提供する予定であります。 ●今後の計画:  生産管理エンジンを完成し、ESD21会員製造業にデモ出来る状態にし、 その後、ESD21会員の協力ベンダーとの個別ユーザーインターフェースの設計などトータルな受託体制を整えたく考えます。「生産管理」「ユニケージの技術」双方の経験・理解者のご参加をお待ちします。
.

◎生産管理研究会

 ESD21の生産管理研究会では、工場見学研究会、・実践企業分析会、・生産管理パッケージ研究、生産管理入門研修、などを計画・実施してきました。東海地区での生産管理システムはトヨタ生産方式(TPS)を抜きにして語れません。トヨタGの部品サプライヤー、自動車部品工業会のEDI導入が研究会設立のトリガーでした。ESD21の狙いは「TPSとITのシナジー」。TPSにITをビルドインした生産管理システムがESD21の狙いであり、ITの専門家にTPSを学ぶ場の提供もESD21の役割です。今年度は一時中断しますが、再スタートを期待頂きたい。

<ご参考> 過去の「生産管理研究会」の関するフォーラム、公開資料

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット