(終了)5月31日(267回)自動車問題研究会の概要と定例会参加のご案内

 

 平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ESD21特別企画の最初の研究会として、会員の皆さんに連携事業「自動車問題研究会」のご案内をさせて頂きます。当研究会は、

1969年に名誉会長の下川浩一氏(元法政大学教授)が組織化。現在の会長は東京大学の藤本教授で、小職も東京本部の活動に

参加し、東海支部では過去、出講の機会も頂きました。ESD21の会員様には、月1回の定例会に参加(年会費要)頂きたく、5月末の

定例会に併せてご案内申し上げます。    (注)本研究会はESD21会員限定

 

  

         ~~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~

1.主催: 自動車問題研究会東海支部(第267回定例会)  協賛:一般社団法人ESD21

2.日時: 2011年5月31日(火曜日) 19時~20時45分

3.場所: フォーイン2階 多目的ホール   (地下鉄東山線、一社駅下車徒歩8分)

        http://www.fourin.jp/corporate/company_location.html

4.会費: 5、6月の例会はトライ参加として無料。  (今回のみの参加はご遠慮下さい) 

           ・研究会入会参加(7月より年会費1万円) ・ESD21会員の研究会定員:10名

5.講演:

(1) テーマ: 「自動車産業におけるEV/HVの普及と経済環境変化への対応」(仮題)

(2) 講師:   一般社団法人持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)会長  

                         NPO法人APSOM理事長、九州工大大学院客員教授        黒岩 惠 

(3) 講演概要:

 地球環境対応での各社の次世代車(EV/HEV/ECV)へのアプローチを概説し、考察する。震災後、脱原子力発電など日本のエネルギー

政策は大きな転換を余儀なくされ、太陽光、風力、水力、バイオマスなどの脱炭素発電システムが 期待される。自動車産業の電動車への

転換とともに、多様な分散型発電システムを考慮したエネルギーのスマートグリッド方式が重要視されよう。ト ヨタおよび自動車産業で

IT化を長年リードしてきた立場から現状と動向を述べる。

6.参加申込み: ①所属、②氏名、③メールアドレスを、記入して下記に連絡下さい。

                                    黒岩((skuro@esd21.jp)       回答期限:5月25日

<黒岩惠のプロフィル>

九州大修士課程修了後、トヨタでロボット含む生産技術開発、工場建設、大規模制御情報システム開発、FA、TPSのIT化推進。2000年より、電子商取引推進協議会などでIT関連団体活動。定年退社後は、名工大(産学連携センター)と九工大の客員教授、NPO、講演活動を楽しむ。

 

<黒岩惠のプロフィル(追加)>

  トヨタ入社は、68年の修士課程の卒論テーマ「サイリスタ・インバータ/チョッパによる電気自動車の制御方式」が動機。 当時のトヨタは関心なく、配属は生産技術開発分野。70年代の第一次オイルショック時に、省エネルギーがメイン業務。エネルギー管理士/電気主任技術士の国家資格取得も、名前だけの工場エネルギー管理者。当時中電購入電力料の35%を使うエアコンプレッサ、低周波誘導炉の省エネ対策。マイコンによる電力デマンドコントローラ開発、コンプレッサ群の台数制御、スポット溶接機の群制御から、大規模な情報システムの開発。機械系の制御・情報処理から人間系のTPSのIT化に注力。

<関連講演・著作>

・「ソフトウェア開発の競争力向上」          ・ 「トヨタ生産方式と物流・サプライチェーン 」  

・「トヨタ方式における情報システム高度化」 経営情報学会、“情報システム発展史”

・「ものづくりの原点回帰」 MSTC2009年夏季号、巻頭言

 

 

<自動車問題研究会>

1.概要

自動車問題研究会は自動車産業に関与する個人によって構成される任意団体で、学習、研究、会員相互の親睦を目的とした組織として

1969年(昭和44年) に発足。研究会の名誉会長 下川 浩一(元法政大学教授)が発足し、現在、東京大学の藤本教授が会長。

東海支部は1984年(昭和59年)7月3日に誕生し、約80名の会員によって構成。東海支部は月一回定例会を開き、自動車を取り巻く

諸課題について講演会を行うことを基本的な活動としている。年に数回の懇親会や本部、関西支部との交流会を行い会員相互の親睦を

図っている。

2.過去の東海支部研究会テーマと講演者

・2010年11月 「“大国主義”の道を歩む中国といかに向き合うべきか」

                             自動車問題研究会 名誉会長 下川 浩一 氏

・2010年12月 「米国経済の回復状況と2011年米国自動車市場見通し」

                                                                シティグループ証券(株) 投資銀行本部マネジングディレクター 山本 昇 氏

・2011年1月 「R&Dコロケーションの効果と逆機能:日産自動車の事例研究」

                                                                横浜国立大学 経営学部 准教授 真鍋 誠司 氏

・2011年2月 「中国自動車産業の近況からみる日系メーカーの新興国市場戦略」

                                                                東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営センター特任助教・経済学博士 李 澤建 氏

・2011年3月 「中国社会の現状と中国人の自動車観」 

                            (株)小島衣料オーナー 京大東アジアセンター外部研究員

                              中小企業家同友会上海倶楽部   代表 小島 正憲 氏

・2011年4月 「タイ経済の好調とリスク、EcoCar計画本格稼働を前にした留意点」

                                 (一財)海外投融資情報財団 総務部 部長      大参(おおみ) 裕平 氏

                                                                                                                                       (以上)

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット