(終了)5月24日"三方良し" 「TPS/アジャイル開発法の実践的適用事例」 のご案内

 

ESD21ご支援者の皆様

 

                       一般社団法人 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)

                                                                    TPS/アジャイル研究会推進委員会

                                                                     委員長(ESD21理事) 小林一夫

 

 平素はESD21の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、日本のIT業界の体質改善やITシステムを経営効果(競争力強化)に役立つようにするためには、アメリカでの事例を見ても、旧来の

ウォーターフォール型のソフトウェア開発方法では限界と言われています。ESD21ではこの課題に対して、日本の誇るべきTPS(トヨタ生産

方式)の考え方を導入した『TPS/アジャイル型システム開発法』を推奨しております。

今回のフォーラムでは、

              ・顧客の要求に柔軟に対応でき、

              ・技術者の自律化を促し、

              ・経営者からもよく見える、

という“三方良し”の このシステム開発法について、実践的な適用事例としてご紹介いたします。

 ●ITシステム開発会社の幹部の皆様

 ●ユーザー企業のITシステム部門責任者の皆様

 ●中堅SE/中堅プログラマの皆様

 ●開発現場を支えている皆様

がこれをきっかけに、自部門でも試したくなるような“気づき”を得ていただければ幸いです。

 

                              ~~~  記  ~~~

1.日時: 5月24日(火)、13:30~17:00 (13:00受付開始)

2.会場: 東桜会館、第二研修室   TEL 052-973-2223

    http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/map/ac_hs.html

     東山線「新栄駅」①番出口、桜通線「高岳駅」③番出口より徒歩5分

3.参加費:            無料

4.参加お申込み:  <先着80名様、定員になり次第〆切>

              ①所属法人名、②氏名、③E-Mailアドレス、④懇親会 (5000円)  参加・不参加 をご記入頂き、下記までお申込み下さい。

              複数人お申込みの場合は、それぞれ②、③、④を明記願います。

┏■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃   このESD21オープンフォーラムのお申込み先は、

┃     小林 :   kazuo.dkobayashi@brother.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┛

 

5.プログラム:

  •  『TPSとアジャイルについて』    [13:30~13:40]                      ESD21・・・・・・・会長  黒岩 惠
  • 『実践!IT屋のトヨタ生産方式(グループ企業展開編)』     [13:40~14:40]

                                                                                           (株)豊田マネージメント研究所・・・・・・副社長   高木 徹 様

                                                HP⇒ http://www.toyota-management.com

       概要:トヨタの工場系におけるTPSと、ITの職場でのTPSの違い  は何かという本質的なお話から、本を出して以降の活動

           について、今回、新たに富士通子会社の改善から富士通グループ全体の  改善活動にどのように変わっていき、現状どのような

          活動になっているのかについてご紹介いたします。

                                                                                  <休憩10分>

  • 『アジャイル×DDD×アーキテクチャ』     [14:50~15:50]     グロースエクスパートナーズ(株)・・・・・・取締役  北條  育男 様

         概要:アジャイルのメタファ、DDD(ドメイン駆動開発)のユビキタス 言語、アーキテクチャ・ドリブンな開発の何れも、ユーザー側

             ドメイ  ンエキスパートと開発設計者のコミュニケーションギャップを低減す るために、ドメインモデル(業務内容や業務で

             使われる知識をモ デル図式化したもの)を如何に共有できるか。DDD周辺のJIGフレームワークの事例をご紹介いたします。

  • 『ユニケージ開発手法』                               [16:00~17:00] 

                                                              (有)ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所    ・・・ 代表取締役所長   當仲  寛哲 様

                                                                                       HP⇒ http://www.usp-lab.com/opinion.html

           概要:「ユニケージ」は、「システム導入効果」、すなわち経営(ステークホルダー)、社内(社員)、顧客の「三方良し」を生み出すこと

          に主眼を置いた開発手法です。UNIXの中核技術を追求して、 「簡潔であること、明快であること、楽しいこと」をコンセプトに発達 して

          きました。この日本発の手法は、従来の1/10程度の短いプ ログラムで、非常に移植性、柔軟性に富む情報システムを構築 でき、

           「良品計画」、「成城石井」など先進的な企業で内製化を 通じ、業務改革の道具として用いられてきました。 本講演では、

          このユニケージ開発手法について、具体的な事例  やデモを交え、その全体像を明らかにし、TPS/Agile の本質をご 覧頂きます。

 

6.懇親会: ご希望者はお申込みが必要です。(60名様にて〆切)

   [17:30~20:00]            場所:「AOI カフェ」 <会場より徒歩5分>       http://ggyao.usen.com/0004050313/

┏■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃   このESD21オープンフォーラムのお申込み先は、

┃     小林 :   kazuo.dkobayashi@brother.co.jp

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┛

                                                                                                                                (以上)

 

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット