3月16日(金)トップセミナー「ソフト開発プロセス改革・TPS/リーン/アジャイル」を開催しました


《 IT企業・IT部門のトップマネジメント・セミナー 》

「ソフト開発プロセス改革・TPS/リーン/アジャイル」を開催しました

                    

 ソフトウェア開発の抜本的な構造改革が言われて随分経過しますが、ユーザ、ベンダーともソフト開発プロセスの業務改革と、その根源にある情報サービス産業の構造改革のインセンティーブが働かないためになかなか進まない、と筆者は理解しております。情報サービス産業の多重階層構造の中で、多くのITベンダーが、グローバル競争、特に東アジア台頭の中で、競争優位の企業を堅持するために、自らの組織、企業を、どう改革していくかが問われます。

 ソフトウェア開発は、他業界のプロジェクトに比較して、失敗率は70%と高く、開発ソフトの40%以上は未使用でムダなソフトという調査結果が報告されております。これは何故なのか、ユーザ、ベンダーとも真剣に考えなければなりません。ソフト開発現場は、3Kどころか7Kと呼ばれ、その仕事に関わる人たちが疲弊していると言う。筆者らは2006年から名古屋地区で、リーン方式として世界で知られてるトヨタ方式(TPS=Toyota Production System)をソフト開発に、という意味で「TPSソフト研究会」を3年間主宰し、現在はESD21でその活動を再スタートしています。

 ソフト開発は、当然ながらソフトウェア工学の重要性をに立脚した技術的側面は重要ですが、それ以上に人間的側面、TPSが世界で認められた「人間性尊重」という側面です。現在、筆者は、アジャイルという名でソフトづくりTPSが日本に逆輸入し、日本の若い人達の努力で、やっと本物になってきた、と言います。ESD21では、ソフト開発プロセスの改革、業界構造の改革、それによる日本のソフト産業の競争力向上のために、TPS/リーン/・アジャイルをソフト開発プロセスの主流化(メインストリーム)に注力します。

今回、トップマネージャ対象に第一回のトップセミナーを開催しました。業務改革は、現在、アジャイル手法を勉強している若い人達では難しく、ユーザ自身が「TPS/リーン/アジャイル」の重要性を気づいてもらい、業務改革の旗振り役になってもらいたいと思っております。 トップセミナーは第一回のトライとして企画・開催しました。 第二回は秋に開催予定ですが、ESD21のTPS/アジャイル事業では、フォーラム、セミナー、研究会、ワークショップなどを企画しており、このトップセミナーは、トップマネージャー対象に、ユーザ・ベンダーのトップの啓発活動として、第二回を計画したいと思います。

                                                                                                            

1.日  時    :     3月16日(金)13:30~17:30  (受付13:00)

2.場  所    :     東桜会館 第二集会室 TEL 052-973-2223

 http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/higashisakura/index.html

4.参加対象 : トップマネジメント

          <情シス系、組込系におけるソフト開発現場の業務改革、QCD (品質、コスト、

           納期)改革に対する問題意識をお持ちの企業、ITベンダーのトップマネジメント>

5.プログラム講演風景と講演資料のダウンロード  

        (注)PDFのダウンロードは、ポインターを下線付き青色文字部にセットして、 「Ctrl 」クリックしてください。                                

 ご挨拶(ESD21法人概要と趣旨説明)                    13:30~13:45               ESD21会長 黒岩 惠

                           

P1080197.jpgのサムネール画像のサムネール画像 ● 講演1 

 「ソフト開発プロセスの改革とTPS/アジャイル」      

   13:45~15:10    ESD21会長 黒岩 惠

  講演資料は以下でダウンロードできます。

   ソフト開発のTPS-Agile,20120316.pdf

 

 

 

 

 

 

 

P1080202.jpg

 ● 講演2 「製造業に学び、越えたアジャイル開発                  」                   15:30~16:10  Bluewater Soft  山本康彦氏

   講演資料は以下でダウンロードできます。

  製造業を越えたアジャイル開発_20120316.pdf

 

 

 

 

 

 

 

 

P1080204.jpg

 ● 講演3 

ソフト開発プロセスのアジャイル実践者から          16:00~17:15      

 ・菅野修一氏(小島プレス工業)、

 ・柘植敏行氏(愛知製鋼)、

 ・野崎吉弘氏(アイティーイノベーション)、

 ・山海 一剛(オージス総研)

 に登壇頂き、ソフトウェアのアジャイル開発について

 語って頂きました。

 

 

 

 

P1080207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1080219.jpg

 

● 意見交換    

アジャイルソフト開発について、参加頂いた有識者から、アジャイルについての疑問、アジャイル開発のメリットなどに関する貴重な意見を頂きました。古畑様(デンソー技研センター)、近藤様、(第一コンピュータリソース)、 林様(アイティーイノベーション)、柴田様(日本アドバンスリーダズソフトウェア)他の、ご意見頂いた方には、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

6懇親会:   18:00 ~20:00   「 豆家のりのり 」 (費用:5千円)

 ESD21では常に「本音を語り合える場」として懇親会を設定しております。これまで同様、当日の登壇者(黒岩、山本、菅野、柘植、野崎、山海)とESD21のTPS/アジィアルのイベント(フォーラム、セミナー、研究会、ワークショップなど)に関係するESD21理事(小林、山田、山口)、ESD21事務局長の山田(健)、含めて参加希望者20名にて懇談会開催。 みなさん共々、ソフトのTPS/リーン/アジャイルについて、21時過ぎまで楽しく議論できました。 セミナーやフォーラムだけの参加はもったいない。ESD21のイベントの後に開催される懇親会は本会議以上の学びの場。今後とも参加頂き、多様性を楽しみながら勉強しましょう。

   アンケートお願いできれば幸いです。

   ↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓

★H24年3月16日トップセミナー「TPS/アジャイル」アンケート

入力例:foo@example.com

(4)ESD21を知っていましたか?必須

(5)この報告会を何で知りましたか?必須

(6)トップセミナー参加の満足度必須

アジャイルソフトがTPSと関係があった、とは初耳であった

(例)具体的なプロジェクトでの取組み方

アンケートに回答頂き、ありがとうございました。

Powered by A-Form for Movable Type

 

       

定款   会員規約   プライバシーポリシー   リーフレット